残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

はじめてのICOCA!残高確認方法とカンタンな使い方を教えます♪




はじめてのイコカ(ICOCA)!残高確認方法とカンタンな使い方を教えます♪




1.交通系ICカードとは?
2.イコカ(ICOCA)の種類は?
3.★イコカ(ICOCA)の残高確認方法!
4.イコカ(ICOCA)の便利な使い方
5.★ポイント残高の確認方法は?
6.まとめ

イコカ(ICOCA)は、1枚のカードで複数の機能が利用可能になる「交通系ICカード」です。

メインの使い方は、改札機にタッチして自動的に運賃を精算することですね♪

さらに、電子マネーとしても使用可能なので、買い物にも便利です。

イコカ(ICOCA)の残高確認方法、利用方法をチェックしておきましょう!

1.「交通系ICカード」とは?

交通系ICカード」は全国で相互利用が可能となってるので、イコカ(ICOCA)を1枚もっていれば、全国の電車やバスを利用することができます。

全国にはさまざまな交通系ICカードがあります!

JR北海道ではキタカ(Kitaca)、JR東日本ではスイカ(Suica)、東京メトロなどの首都圏中心の事業者ではパスモ(PASMO)、名古屋市交通局ではcなどがあります。

さらに、JR東海のトイカ(TOICA)、JR西日本と大阪市交通局を中心としたピタパ(PiTaPa)、JR九州ではスゴカ(SUGOCA)、西日本鉄道のニモカ(nimoca)、福岡市交通局では、はやかけんなど、覚えるのも大変なほどです。

関西では「イコカ(ICOCA)」と「ピタパ(PiTaPa)」が人気のカードですが、PiTaPaはちょっと特殊で交通系ICカードでは珍しい「後払い方式」のカードです。

注意点として、PiTaPaを電子マネーとして使用する場合、全国相互利用の対象外となっていることがほとんどです。

ただし、交通系ICカードとしての相互利用は可能なので、PiTaPaを使って東京や福岡の電車やバスに乗車することは可能です。




2.イコカ(ICOCA)の種類は?

ICOCAにはいくつかの種類があります。

通常のICOCAとは別に、クイックチャージ可能な「SMART ICOCA」、定期券機能一体型の「ICOCA定期券」、「子供用ICOCA」があります。

ICOCAは事前チャージ型の電子マネーですから、残高がなくなる前にチャージをする必要があります。

初めてICOCAを購入する場合は「2000円」を支払うことになります。

このうち「500円」はデポジット料金(保証金)として解約時に返金される仕組みとなっているため、購入時の初期チャージ金額は1500円分となっています。

ICOCAへのチャージは自動券売機だけではなくチャージ専用機、のりこし精算機、コンビニなどでも可能です。

チャージ可能な金額は最大2万円です。

しかし、頻繁にICOCAを利用する場合、定期的にチャージをするのは面倒ですよね?

こういった場合には「SMART ICOCA」が便利ですよ♪

SMART ICOCAは「クイックチャージ機」にSMART ICOCAを入れて、希望するチャージ金額をタッチするだけで、すぐにチャージが完了しますからね!

さらにチャージの際に、現金やクレジットカードが必要がありませんから、残高が気になった時にいつでもチャージが可能になります。




3.イコカ(ICOCA)の残高確認方法!

ICOCAを使おうと思っても、残高不足になっていないかな?と不安に思う場合もあると思います。

ICOCAの残高を確認する基本的な方法として「駅の券売機」で確認するという方法があります。

ただ、駅以外でも残高を確認したい場合ってありますよね?

そういった時には、コンビニでチェックする方法。Android端末を利用して残高確認アプリで確認する方法。

他にも、ちょっと特殊な方法として「FeliCaポート」を利用する方法などがあります。

スマホやパソコンで確認する方法は、通常のICOCAは利用できませんが、SMART ICOCAなら「J-WESTネット会員サービス」を利用することで残高を確認することができます。

SMART ICOCAはクレジットカードと連結させて利用するICOCAのことで、利用金額に応じて「J-WESTポイント」も貯めることができます。

通常利用のICOCAのチャージ残高を知りたい場合は、コンビニで買い物をするという方法があります。

ICOCAカードで買い物をすると、レシートに支払い金額と残高が記載されているので、比較的簡単に残高を確認することが可能です。

さらに、スマホやタブレットに「ICタグ読み取り機能(NFC)」がついていれば、専用アプリをダウンロードして、ICOCAをICタグ読み取り部分にかざすことで画面上に残高を表示させることができます。

ただし、すべての「残高読み取りアプリ」はAndroid端末専用となっているので、iPhoneで利用することができません!この点には注意ですね。

最後に「FeliCaポート」はカードリーダーで残高確認を行うことができる機器です。利用のためにはフェリカポートを購入する必要があります。

フェリカポートを利用すると、読み取りだけのアプリとは違って、残高確認とチャージをすることもできるようになります。

使い方によっては、非常に便利な機器になりますね!

さらに電車の利用履歴を最大20件まで確認することができますし、乗降駅や金額を最新のものから順番に一覧で表示することもできます。

CSVファイルやテキストでの出力も可能なので、ビジネスや確定申告への利用に向いています。




4.イコカ(ICOCA)の便利な使い方

ICOCAはJR西日本が発行する交通系ICカードですが、近畿圏以外でも使用できます。さらに、JR以外の京阪や近鉄でも勿論利用可能です!

ICOCAがあれば毎回切符を買う手間もありませんし、タッチするだけで改札を通ることができますから、利用する人も増えていますので、すでに通勤や通学で利用している人も多いと思います♪

ICOCAは交通系ICカードなので、乗車代金の支払いや定期券として利用できます。

さらに、電子マネーとしても利用可能なので、コンビニやキヨスク、飲料自販機、コインロッカー、駐車料金の支払いなど。ICOCAのマークがある場所であれば、どこでも利用ができるのが便利ですね!

さらに「SMART ICOCA」はクレジットカードと連動させて利用するカードですが、チャージもクレジットカードから行うためチャージ時には現金が不要です。

さらに、利用するごとに「J-WESTポイント」を貯めることができます。

また連動させるクレジットカードによっては、そのクレジットカードのポイントも同時に貯めることが可能なので、この組み合わせは大事なポイントです。

J-WESTポイントは、乗車料金として「SMART ICOCA」を使った時だけではなく、電子マネーとして買い物をしたときにもポイントが貯まります。

貯めたポイントは「SMART ICOCAに1ポイント=1円分」としてポイントチャージする事ができます。

ポイントは1000ポイント、3000ポイント、5000ポイント単位で交換が可能で、駅構内になるクイックチャージができる券売機などでポイントチャージを行うことができます。

ただし利用するためには、事前に「J-WESTネット会員」に登録している必要がありますから、会員登録を済ませておきましょう!

また、郵送でもポイントチャージを申し込むことも可能ですから、サポートセンターに電話をして資料を送ってもらうこともできます。

この他にも、J-WESTポイントは、JR西日本が用意している商品券や商品と交換が可能ですし、家族内ならポイントを移行することもできます。

また、ICOCAで貯めたポイントは駅プラン割引券やオレンジカード、Jスルーカード、J-WESTカード グリーン車利用券、JR西日本グループ会社の商品券などにも使うことができますから、有効にポイントを使うことができますね!




5.ポイント残高の確認方法は?

J-WESTポイント」を利用するには現在のポイント残高を知る必要がありますね?

「J-WESTポイント」は利用明細書や会員サポートページ、電話での問い合わせで確認することができます。

J-WESTカードを持っていて、チャージや支払いで利用している場合には、利用明細書が自宅に届きますから、その明細書でポイントを確認することができます。

また「Club j-WEST」に登録していれば会員ページにログインすればポイント残高を確認することができます。

その他にも、会員専用ダイヤルへ問い合わせることでポイント残高を確認できます。

気をつけないといけないことは、J-WESTポイントは有効期限が2年間となっていますから、ポイントを失効しないように注意が必要ですね!

6.まとめ

イコカ(ICOCA)はかざすだけで改札を通過することができ、JR西日本だけではなく全国の交通機関で利用が可能です。

電子マネーとして利用しても、食事や買い物の支払いが簡単に済ませられるなど、さまざまなメリットがあります。

小銭を持ち歩く必要もありませんし、クレジットカードを利用すればポイントも貯めることができますから、イコカ(ICOCA)は本当におすすめの交通系ICカードといえますね!

ぜひ利用してみましょう!

参照元:ICOCA・JRおでかけネット
参照元:会員サービスのご案内:JRおでかけネット
参照元:FeliCaポート/パソリについて – JR東日本
参照元:SMART ICOCAの特長 ICOCA:JRおでかけネット
参照元:PiTaPa.com(ピタパドットコム)[ポストペイでらくらく決済]