残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

ゆうちょダイレクトで残高確認!「申し込み〜ログイン手順」までを教えます!




ゆうちょダイレクトで残高確認!「申し込み〜ログイン手順」までを教えます!

1.ゆうちょの残高確認をしたい!
2.これが便利!「ゆうちょダイレクト」
3.「ゆうちょダイレクト」の登録手順
4.「ゆうちょダイレクト」のログイン手順
5.ログイン後の操作方法は?
6.ログインパスワードを忘れた時は?
7.「アプリ」でどこからでも残高確認!
8.ネット以外での申し込み方法
9.利用しなくなったら解約もできる!
10.解約に必要な書類作成の手順
11.まとめ

ゆうちょの残高はいくらだったかな・・。

そんな時に便利なサービスが「ゆうちょダイレクト」と「ゆうちょダイレクトの残高照会アプリ」です!

簡単に利用できる「ゆうちょの残高確認方法」をチェックしておきましょう!

1.ゆうちょの残高確認をしたい!

郵便局などでおなじみの日本郵政グループの一つに「ゆうちょ銀行」があります。

全国各地に店舗やATMがあるので、とっても使いやすくて便利なので私もゆうちょ銀行の口座を持っています。

便利なゆうちょ銀行なのですが残高確認したい時などに、今までは郵便局に設置されているATMかコンビニのATMなどで確認をしていました。

けれど、郵便局の営業時間外だったり天気が悪い日などには直接ATMまで確認しに行くのが大変な時がありますよね・・。

それでも、引き落としの予定がある、急な出費ができたなどの時には残高確認はしておきたいものです。

そんな時に便利なのが、ネットで簡単にできる「ゆうちょ銀行の残高確認方法」なんです。




2.ゆうちょに口座がある人に便利!「ゆうちょダイレクト」

パソコンやスマートフォンなどの携帯電話、他にも電話やFAXなどからアクセスする事のできるのが「ゆうちょダイレクト」です。

24時間アクセスする事ができるので、ATMの営業時間外でも直接行かなくてもネットからアクセスをして、自分のゆうちょ銀行口座の残高確認をする事ができます。

3.「ゆうちょダイレクト」の登録手順

ゆうちょダイレクト」は「ゆうちょ銀行の口座を持っている人」が利用者の対象になります。

「ゆうちょダイレクト」は手元にキャッシュカードと通帳があればすぐにネットで申し込みができます。申し込みの時には、口座の暗証番号も必要になりますので注意しましょう。

申し込みは、日本郵政グループの公式サイトから進めていきます。最近では日本郵政グループを偽ったサイトなどが問題になっていた事があったので。偽サイトなどには注意しましょう。

▼【「ゆうちょダイレクト」の登録手順は?

①・日本郵政の公式サイトにアクセスをして、ゆうちょダイレクトのページに進みます。

②・氏名・生年月日・メールアドレス・口座情報など登録に必要な情報を記入します。

③・記入した情報を確認します。

④・ゆうちょダイレクトを利用する時に必要になるワンタイムパスワードを、登録したメールへ発行していいですかの表示がされます。「はい」を選んで進みます。

⑤・登録した自分のアドレスに「ワンタイプパスポート」が記載されたメールが届くので確認します。

⑥・届いたメールに記載されていたワンタイムパスポートを項目に入力します。
(ワンタイムパスポートは6桁の数字になります。)

⑦・ゆうちょダイレクトにネットからログインする時に必要なパスワードを決めて入力します。

⑧・画像・数個の合言葉を決めます。

必要な情報を全て入力して、「ゆうちょダイレクト申し込み実行」をクリックすると申し込みの手続きは完了です。

ここで決めた画像・合言葉はログインする時に必要になるものです。

画像・合言葉は、ネットでアクセスした先が正規のゆうちょダイレクトである事を確認するのが目的です。なので、一番初めに登録したパスワードや画像・合言葉などはメモに残しておくなどして、忘れてしまわないように気をつけましょう!




4.「ゆうちょダイレクト」のログイン手順

ネットで残高確認ができる!便利な「ゆうちょダイレクト」の登録を済ませたらさっそく使ってみましょう。

①・ネットでゆうちょダイレクトのページを開きます。

②・お客様番号を半角数字で入力します。

③・申し込み時に登録した合言葉に対する一つめの質問が表示されるので、自分で決めた合言葉を入力します。

④・次に二つめの質問が表示されるので登録時に決めた合言葉を入力します。

⑤・画像が表示されたら申し込み時に決めた画像で間違いがないかを確認してログインパスワードを入力し、ログインへと進んでいきます。

5.ログイン後の操作方法は?

メニュー

ゆうちょダイレクトで利用できるサービスが確認できます。

現在高

ここに表示されている金額が口座の残高になります。

入出金明細照会

直近5件までの明細を確認できます。

口座情報

自分の口座の情報が表示されます。

各種手続等

ご登録内容変更・確認」で登録しているメールアドレスを変更する事ができます。「ご利用結果確認」で送金などの明細も確認できます。

ゆうちょダイレクト」にログインして、残高確認などができたら「ログアウト」をクリックしましょう。

さらにセキュリティを強化させたい時は、ログアウトの前に「ゆうちょダイレクト利用停止」をクリックします。

そうすると次のログイン時にメールワンタイムパスワードの入力が必要になるので、パスワードやお客様番号などが万が一盗まれた場合でもログインされてしまう可能性を低くすることができます。




6.ログインパスワードを忘れてしまった時は?

「ゆうちょダイレクト」に登録後、ログインパスワードや合言葉などを忘れてしまったという時でも、インターネットから手続きする事ができます。

ログインする時に何回か間違えてしまうとロックがかかってしまうのですが、そんな時にも慌てずにネットから対処する事で再び利用開始できるので安心して利用できます。

合言葉を忘れてしまった。

登録した合言葉を初期化してもう一度新しく合言葉を登録すると、ゆうちょダイレクトの利用を再開できます。

ログインパスワードを忘れてしまった。

ログインパスワードを再登録すると利用を再開できます。

お客様番号を忘れてしまった。

お客様番号を照会して、自分のお客様番号が確認できます。

7.どこからでも残高確認が可能!便利な「アプリ」

インターネットから簡単に確認できる「ゆうちょの口座の残高確認」ですが、自宅からも外出先からも利用したいという人におすすめなのが「ゆうちょダイレクト残高照会のアプリ」です。

この「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」は、スマートフォン向けのアプリです。

「ゆうちょダイレクト」に申し込みをして登録を済ませている人であれば誰でも「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」をインストールした後、すぐに使う事ができます。

アプリをインストール後初めて使う時だけ、お客様番号などの入力が必要になります。2回目以降は指紋認証や専用の4桁の起動番号で手軽にログインする事ができます。

8.ネット以外での申し込み方法

ゆうちょ銀行口座の残高確認にとっても便利な「ゆうちょダイレクト」。

申し込み方法については、インターネットからの申し込みだけではなく、「郵便局の窓口」でも申し込み手続きができます。

ゆうちょ窓口で「ゆうちょダイレクト」を申し込む時に必要な物は、口座を開設する時に登録した「お届け印」、「通帳」、運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類」の3つです。

窓口で「ゆうちょダイレクト」の申し込みを希望する場合。ゆうちょの貯金窓口で申し込み手続きお願いしましょう!

もう一つ、電話やFAXからのテレホンサービスでの申し込みも可能です。窓口テレホンサービス共に申し込み後にはネットからゆうちょ銀行の残高確認ができるようになります。




9.利用しなくなったら解約もできる!

手軽にネットから残高確認ができて便利なゆうちょダイレクトですが、利用しなくなった時には解約もできます。

解約に必要な書類をインターネットで表示。書類作成後にプリンターで印刷をして郵便局の窓口へ提出することで解約の手続きができます。

10.解約に必要な書類作成の手順

①・日本郵政のゆうちょダイレクトにアクセスします。

②・ゆうちょダイレクトのご案内に進んで、「新規登録(無料)のご案内」をクリック。

③・オレンジ色で囲まれた「ゆうちょダイレクト申し込み」をクリック。

④・「利用申し込み作成書」をクリック。

⑤・個人情報など必要な項目を入力します。

⑥・入力後、下部分にある次へをクリックします。お手続き内容の欄にある「廃止」を選択します。

⑦・内容を確認する・印刷画面に進むをクリック。

⑧・申し込み書を作成するをクリック。

印刷した解約申込書に、通帳の届け印を押して郵便局の窓口に提出する事で、解約の手続きが完了します。

11.まとめ

ゆうちょの残高確認だけしたい時には、確認の為だけに郵便局のATMまで足を運ぶのは大変ですよね。

そんな時、インターネットでゆうちょ銀行の残高確認ができれば、忙しい毎日の中で口座管理をしっかりとする事ができます!

ぜひ「ゆうちょダイレクト」「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」を利用してみましょう♪

参照元:ゆうちょ銀行|公式サイト