残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

TOICAの使い方は大丈夫?簡単な残高確認方法を教えます♪




TOICAの使い方は大丈夫?簡単な残高確認方法を教えます♪




1.「TOICA」とは?
2.自動精算機、入金機で残高確認
3.ICカード対応の自販機で残高確認
4.アプリを利用して残高確認
5.クレジットカード機能がない
6.まとめ

JR東海が発行している交通系ICカードが「TOICA(トイカ)」です。

東海エリアで生活する人にとっては、身近な交通系ICカードですよね♪

TOICAにはどんな残高確認方法があるのでしょうか?

1.「TOICA」とは?

「TOICA」は、どんな使い方ができるのでしょうか?

ひと言で「TOICA」と言っても、ICカード機能を持つだけのシンプルな「TOICA」と、定期券機能が一体になった「TOICA定期券」があります。

その為、自分がどんな感じでTOICAを利用するのか、使い道を決めた上でシンプルなTOICAか?それとも、定期券の機能を付けるのかを選ぶ必要があります。

その他にも、「無記名式TOICA」と「小児用TOICA」があり、ちょっとややこしいんですよね・・。

それぞれのTOICAは1枚2,000円でデポジット代(保証金)500円が含まれます。

(購入時に1500円がTOICAにチャージされた状態になっています。内訳は2000円-500円=1500円です!)

さらに、「TOICA定期券」にも大人用と小児用があり、定期券の区間内に新幹線が停車する駅が2駅以上ある場合は、新幹線の普通自由席に乗車可能となります。

これは、魅力的ですよね♪

ただし、なかなかこれ程の距離の定期券を必要とする人もいないかと思いますが・・。

また、他の鉄道会社の運営エリアをまたがっての利用は不可となっているので、エリアをまたいでの乗車となる場合は、TOICAを利用する事は出来ません。

そして、何より現金チャージのみとなっているのが「TOICA」の特徴です。

その為、クレジットカードなどからチャージするといった事ができず、毎回、現金でのチャージが必要不可欠となります。

そう言った事情から「TOICA」を利用する場合、残高確認をする事が利用者にとって大切な事だと言えますね!




2.自動精算機、入金機を利用したTOICAの残高確認!

TOICAをチャージしたい場合、どうしたら良いのでしょうか?

TOICAのチャージは、「TOICAマーク」のある「自動精算機」や「入金機」で簡単に残高確認を行う事ができるようになっています。

わざわざ、そんなところで確認するのは面倒だと思われるかも知れませんが・・。

少し早く駅に着いた時などに自動精算機や入金機で残高確認を行う癖をつけてみてはいかがでしょうか?

もちろん、そこで残高不足が確認できた場合は、その場でチャージする事も可能です。

初めからチャージする気持ちで行くと、面倒だと思わずに自動精算機や入金機での残高確認をする事ができますね!

反対にチャージする気持ちで自動精算機や入金機で残高確認を行い、思っていた以上に残高が残っていた場合は、少し、「ラッキー!」と思えるかも知れません。

残高確認方法も簡単なんです♪

TOICAを「カード挿入口」か「カードポケット」に入れて、「利用履歴ボタン」を押すことで、利用履歴の部分の見ると残高確認する事ができます。

それ以外にも同時に最大で20件の利用履歴も確認する事が可能となります。

残高だけではなく利用履歴も一緒に確認する事で、使い過ぎなどの把握もできるので、TOICAの使い方を今一度考える事も可能です。

これらの情報は、印刷する事ができるため、画面では残高確認のみを行い、電車に乗ってから、ゆっくりと利用履歴を確認しても良いかと思います。

また、20件では足りないと言う場合は、TOICAエリアにある駅の係員改札口で係員にお願いする事で、最大で50件までプリントアウトをしてもらうことが可能です。

どうしても、利用履歴をそれ以上にさかのぼって確認したい場合、駅員さんにお願いしてみると良いかと思います。

ただし、TOICAの場合、26週間を超えてしまった履歴はデータが削除されるので確認する事が出来ません。その点には注意が必要です。




3.ICカード対応の自販機での残高確認!

ICカード対応の自販機であれば、TOICAを使用して買い物をする事が可能になっています。

最近では、このICカード対応の自販機も非常に多く、特に駅構内なら、よく目にしますよね!

そんなICカード対応の自販機で、飲料などを購入する際に残高確認を行う事も可能です。もちろん、自販機で購入しない時でも残高確認を行う事は可能です。

この方法では、ICカード対応の自販機の「購入ボタンを押さず」に「ICカード読み取り部」に「TOICA」をタッチさせます。

そうすると、投入金額が表示される部分にTOICAの残高が表示されます。

その為、自動販売機で購入する予定がなくても、TOICAを取り出してタッチするだけで残高確認をする事ができるんです!

ただし、この場合はプリントアウトするなどして残高確認をする事ができません。また、今までの利用履歴といった詳しい情報も提示される事はありません。

・・とは言っても、身近にある自販機で手軽に残高確認ができる点は、とても魅力的ですよね!

例えば、自動精算機や入金機で残高確認を行う場合、改札の外で行う事が多く、電車の時間を気にしながら残高確認をする必要があります。

一方、自販機の場合、駅構内やホーム沿いに設置されている事が多く、電車到着までのほんの隙間時間でも手軽に残高確認をすることが可能です。

もちろん、自販機で飲料を購入する際も画面で残高確認を行う事は可能なので、購入する際は、忘れず残高を確認する癖をつけておくといいかも知れませんね!

また、残高を覚えておく必要がある場合は、その画面をスマホで撮っておくと忘れず確認する事ができて便利ですよ。(ちょっと面倒ですが・・。)




4.アプリを使って、いつでも好きな時に残高確認!

スマホアプリを使うことで、TOICAの残高はいつでも好きな時に確認出来るようになります!

スマホを利用している人なら、この方法が一番、お勧めの方法ではないでしょうか?

使い方も簡単で、まずは沢山ある電子マネーの残高確認アプリをダウンロードして起動させましょう。

残高確認アプリは本当に沢山の種類があるので、時間がある時に「Google play」で検索してみましょう!

ここでは、よく忘れてしまって残高確認アプリが利用出来ない原因となっている、大事な使い方のポイントをご紹介します!

重要なポイント!「NFC」の設定は必ず「ON」にしましょう!

残高確認アプリを使う場合、必ずスマホの「NFCの設定」を選択して「有効」にしてください。無効のままでは利用することが出来ません。

NFCの設定が有効になれば、TOICAをスマホのICタグにかざすだけで、スマホの画面に残高が表示されて一目で残高確認可能です。

このアプリがあれば、出掛ける前にTOICAの残高確認を行って、チャージしてから改札を通るか?といった予定を立てる事ができますね!

また、TOICAは電子マネー機能を使って、買い物でも利用することができるので、買い物をする前に予算の確認も出来て安心です♪

ただし、注意点として残高確認アプリは「Android端末限定」で利用可能なサービスなんです。

残念ながら、最新版のiPhoneであっても「ICカードの読み取り機能が一般ユーザーに解放されていない」ので利用不可なんです。

(残念ながら、現在も利用可能になるという発表も見込みもありません・・。)

TOICAのチャージ残高を確認するアプリは、Android端末(スマホ)のみとなっています。

iPhoneユーザーの方は、自動券売機や自動販売機、TOICA提携店のコンビニなどで残高確認することになります。




5.クレジットカード機能が付いていない点が要注意です!

TOICAの場合、クレジットカード機能がついたTOICAカードがないので、チャージは常に現金のみとなります。

その為、TOICAを利用する際は、必ず現金で必要な金額をチャージしなければ利用することができません。

そう言った事情から、やはりこまめな残高確認が必要不可欠となるのがTOICAの特徴なんですよね・・。

残高不足で困る事がないように、TOICAにはクレジットカード機能が付いていない。と言うことを覚えておきましょう。

6.まとめ

TOICAの残高確認方法をご紹介しました!

特に面倒に思うような残高確認方法はないかと思います。どれも、外出先でついでに行う事ができるものばかりではないでしょうか?

そういった事情から、TOICAを利用する場合、時間がある時に身近な残高確認方法でチェックする癖をつけておくようにしましょう。

残高確認方法を知っておく事で、TOICAの残高不足も防いで、安心して利用出来るようにしましょう♪

参照元:TOICA|JR東海|公式サイト
参照元:Android – Android スマートフォン
参照元:Google Play|公式サイト