残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

クレジットカード返金の流れとタイミングは?〜手数料と返金方法〜




クレジットカード返金の流れとタイミングは?〜手数料と返金方法〜

1.クレジットカードの返金処理方法
2.現金で返金して貰えない理由は?
3.返金されるまでにどれ位かかるの?
4.返金手数料はかかるの?
5.返金処理が行われない場合
6.クレジットカードの獲得ポイントはどうなる?
7.まとめ

クレジットカードは手元に現金がない時でも、すぐに欲しいものが手に入る便利なシステムです。

クレジットカードを利用して、衝動買いした商品の「サイズが合わない」「不良品だった」ということもあるかと思います。

商品を返品したいと思っても、既にクレジットカードで決済してしまっている場合、すぐに返金して貰うのは難しくなります。

クレジットカードで購入した対価(現金)は、どの様に返金処理されるのでしょうか?

いつ頃返金されるのでしょうか?手数料はかかるのでしょうか?

クレジットカード返金時の悩みを詳しくまとめました!




1.クレジットカードの返金処理方法

クレジットカードで買い物をした場合、現金や口座振込で返金して貰いたいと思ってもまず無理です。

クレジットカードの返金は、クレジットカードとして行われるのが原則です。

返品したらすぐに返金されるのではなく、あくまでクレジットカードの決済のタイミングに合わせて処理されるのです。

返金処理の流れは以下の様になります。

▼【店舗に返品する。

商品をクレジットカードで購入した場合、返品した時に自分からカード会社に連絡して返金手続きをする必要はあります。

カード会社としても、購入者側から依頼されても処理はできません。カード会社との窓口になっているのは商品を購入したショップですので、ショップから返品処理をする必要があるのです。

現金で購入した商品ならば、返品をすればその場で現金での返金が可能です。

しかし、カードで支払いをした場合、一度決済としてデータ処理がされていて、その支払い予定分がキャンセルされるか後でマイナス分として上がってくるのを待つしかないのです。

お店で返品をしたら、後はネットの会員専用ページで明細を見て、返品処理が反映されているかを確認します。

▼【支払予定分からマイナス請求、もしくはキャンセルされる。

クレジットカードは、商品購入後カード会社にデータが上がってくる様になっています。

購入した金額を一度カード会社が預かり、加盟店(購入したショップ)に支払うというシステムです。クレジットカードでの返金は、加盟店側からカード会社へ請求をキャンセルする形になります。

クレジットカード会社では、締切日を設けて支払額を確定させていて、返金処理をする前に金額が確定してしまったら、後でマイナス請求をするのです。




2.現金で返金して貰えない理由は?

ショップで現金で商品を購入した場合、直接ショップに商品とレシートを持って行けば現金で返金に応じて貰えます。

しかし、クレジットカードでのショッピングの場合、カードの引落し日に入金されるか、その他の支払いと相殺されることがほとんどです。

何故?すぐに現金で返金して貰えないのか、それは、加盟店手数料があるからです。

ショップは各クレジットカード会社の加盟店となり、カード決済を可能にしています。そしてカード会社に請求する時に、「加盟店手数料」を支払うのです。

手数料の割合は、顧客がクレジットカードで購入した商品金額の約3%~7%となっています。クレジットカード会社にとってはこの手数料がメインの利益になっているのです。

加盟店にとっては、クレジットカードが使えることで顧客が現金がなくても気軽にショッピングができる様なるというメリットがあります。手数料を支払っても売上が伸びた方がお店にとってはお得なので、加盟店になるのです。

クレジットカードの決済をキャンセルすると、カード会社から店舗に手数料も返金されます。

ところが現金で返金してしまうと、手数料のみのキャンセルはできず、カード会社に手数料を引かれた金額が入金されてしまうのです。これではお店側の損になりますので、現金での返金を受け付けないのです。

また、現金で返金してしまうと顧客のカードの利用明細にキャンセルやマイナス分が反映されません。

「返金した」「貰ってない」のトラブルに発展する可能性もあります。

トラブルが続くと口コミで悪評を流されてしまうこともある為に、現金での返金は避けているという事情もあります。




3.返金されるまでにどれ位かかるの?

クレジットカードの返金処理は非常に日数がかかり、1ヵ月~2ヶ月は見ておく必要があります。

購入者がお店に返品をして、お店からカード会社に連絡が行ってから返品処理がされるからです。ネット通販で購入したものは、宅配便や郵送で返送しますので、それだけ日数もかかります。

返品されたらすぐに返金手続きをするとは限らず、返品の条件を満たしているか、商品が返品に応じられる状態かなどを確認するとなると、すぐには手続きはできません。

クレジットカードの場合、請求の締切日があります。

その締切日までに返金処理が間に合えば、当月内で同額のプラス金額とマイナス金額が発生して相殺されます。

また、商品を受け取った翌日に正当な理由により返品した場合、すぐにデータ処理をされるので、明細には0円、もしくは反映されないこともあります。

しかし、商品を購入してから請求の締切日を過ぎたタイミングで返品すると、返金手続きは翌月分以降になります。

一度クレジットカードで支払いを行った後、翌月マイナスの金額で差し引かれてくるのです。この時、その月のクレジットカードの決済額よりも返金額の方が大きい場合、口座に入金されてくることになります。

いずれにしても返品はすぐに行わないと、返金手続きもそれだけ遅くなります。

明細に反映されるのが遅くなり、きちんと返金されたのか管理が難しくなるので、返品は早めに行いましょう。

4.返金手数料はかかるの?

クレジットカードで返品手続きをした場合、顧客側に手数料は発生しません。

購入者・加盟店・カード会社共に余計な手間がかかるだけです。

ただし、飛行機や新幹線、パスツアーなどのチケットをクレジットカードで購入した場合、キャンセル手数料が発生する場合があります。

また、ネットショッピングサイトでも返品の対象となる条件にそぐわない場合には、手数料がかかる場合もあるのです。




5.返金処理が行われない場合

クレジットカードで商品を購入した場合、1週間程経つとカード会社の会員専用ページに利用明細が反映されます。

商品を返品したのに、いつまで経っても明細に反映されない場合には、カード会社に問い合わせをしてみる必要があります。

カード会社はお店がキャンセル処理をしない限りは何もできません。まずは購入したお店に問い合わせて、処理がきちんとされているか確認しましょう。

処理をした旨が確認できたらカード会社に電話連絡をします。

6.クレジットカードの獲得ポイントはどうなる?

クレジットカードにはお得なポイント制度があるので、積極的に利用しているという人も多くいます。

クレジットカードで購入した商品を返品すれば、当然獲得ポイントもなかったことになります。ポイントが差し引かれるのは、クレジットカードの返金処理が行われたタイミングです。

ポイントが貯まったからと既にキャッシュバックに使ってしまったり、他のポイントに移行してしまう場合もあります。その様な時には、返金されたタイミングでポイント残高がマイナスになります。

少し前に裏ワザとして、商品を購入しては返品を繰り返し、ポイントだけをゲットするというケースが多くありました。

現在ではその様な悪質な行為をすると、カード会社から連絡が来たり、会員資格をはく奪されることもあるので注意しましょう。

7.まとめ

クレジットカードの返金は、すぐに行われる訳ではありません。

返品をしたら、その事実を忘れずにカードの利用明細をチェックする必要があります。

すぐにクレジットカード会社に電話しても「まだデータが上がってきてませんので、1週間位待って下さい」と言われます。

きちんと処理をして貰う為にも、信頼できる加盟店を選ぶことが大切です。