残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

ICOCAの返却・払い戻し方法は?SMART ICOCAへの無料切り替えが中止?!




ICOCAの返却・払い戻し方法は?SMART ICOCAへの無料切り替えが中止?!

1.ICOCAの返却・払い戻し方法は?
2.ICOCAの払い戻される金額について
3.ICOCA定期券を払い戻す場合
4.SMART ICOCAの返却・払い戻し方法
5.SMART ICOCAへの切り替えは手数料無料!
6.SMART ICOCAの購入する方法は?
7.まとめ

ICOCA」はJR西日本が発行している交通系ICカードです!

他の交通系ICカードとの相互利用が可能ですが、やはり一番使いやすいのは「ICOCAエリア内」です。

引越しなどの事情でICOCAエリア外に住むことになった時、やはりその地域にあったカードを持った方がメリットが多くあります。

ICOCAの返却や払い戻し」をする時、どんな手続きをすれば良いのでしょうか?

1.ICOCAの返却・払い戻し方法は?

ICOCAの返却・払い戻しを希望する場合、JR西日本エリアの駅の窓口で「ICOCAの払い戻しをお願いします!」と伝えましょう。

その場ですぐに「返却・払い戻し」の手続きをして貰えて、チャージ残高とデポジット代の500円が返金されます。

しかし、注意点としてICOCAには幾つか種類があり、それぞれのICOCAで返却・払い戻しの方法が若干違ってきます。

①・「無記名ICOCA」の場合

JRの窓口と言えば「みどりの窓口」が一般的に有名ですが、無記名ICOCAの場合、みどりの窓口でなくても、一般的な駅の窓口で払い戻し手続きができます。

②・「こども用ICOCA」の場合

親など代理人が返却・払い戻しをする場合、身分証明書を持参してこども(登録者本人)と、払い戻し人との関係が分かれば、手続きが可能です。

③・「記名式ICOCA」の場合

登録している本人のみ手続きが可能です。代理人での返却・払い戻しはできません。




2.ICOCAの払い戻される金額について

ICOCAを払い戻した場合、返却される金額は以下の様に算出されます。

「カードの残高 - 220円(払い戻し手数料)+ 500円(デポジット)= 払い戻される金額」

ICOCAのチャージ残高が500円あれば、手数料を差し引いてデポジット代が加算されるので、合計780円返金されます。

この時、カードの残高が220円以下だと、払い戻し手数料はその残高のみでカバーされて、デポジット代の500円はそのまま返金されます。

例えばカードの残高が100円ならば、100円が払い戻し手数料となるのです。そして究極の技は、残高0円にしてしまうことで、これだと500円だけ戻ってきます。

つまり、手数料をなるべく節約しようと思ったら、残高をギリギリまで使い切った方が損することがないということです。

ICOCAは電子マネーとしてコンビニや自動販売機でも利用できますので、払い戻しをすることが決まっているならば、なるべく使い切ってから返却しましょう。

なお、こども用ICOCAの場合、有効期限が過ぎたカードを払い戻す時には手数料はかかりません。ただし、定期券がある場合、払い戻しが発生する時には手数料220円が引かれます。




3.ICOCA定期券を払い戻す場合

ICOCAに定期券機能を付けて利用している人もいると思います!

ICOCAは、定期券部分だけを解約して払い戻せば、残ったカードは一般のICOCAとしてそのまま利用できます。

こども用のICOCA定期券の場合は保護者などの代理人で払い戻し手続きが可能ですが、ICOCA定期券は本人しか払い戻し手続きはできません。

ICOCA定期券を払い戻した場合、返却される金額は以下の様に算出されます。

「定期券部分の払い戻し料金 - 220円(払い戻し手数料)」

払い戻し後もそのままICOCAカードとして使用するので、デポジット代の500円は返金されないのです。カードにチャージ残高はそのまま残高が引き継がれます。

また、定期の区間が2つあり、分割で購入している場合、払い戻し手数料は440円になります。

4.SMART ICOCAの返却・払い戻し方法

ICOCAには、クレジット機能がついた「SMART ICOCA」というカードがあります。

こちらは駅やみどりの窓口では返却や解約、払い戻し手続きができません。SMART ICOCAの払い戻し方法は以下の2つになります。

①・大阪駅のClub J-WESTサービスコーナー

払い戻し申請書が設置されているので、記入すれば手続きができます。本人確認書が必要ですので、運転免許証や保険証などを持参しましょう。

②・郵送で行う場合

郵送で手続きを行う場合、まず書類を入手する必要があります。

SMART ICOCAのコールセンターに電話をして、払戻申込書を郵送して貰いましょう。書類が届いたら必要事項を記載して、SMART ICOCAカードと、本人確認書のコピーを同封して郵送します。




5.SMART ICOCAへの切り替えなら手数料はかからない

一般的なICOCAから、SMART ICOCAへ切り替える場合には、払い戻し手数料が発生しません。(残念ながらこのサービスは現在終了しています。)

まずはSMART ICOCAに新規入会手続きをして、新しく発行されたSMART ICOCAと、「ICOCA残額払い戻し券」を入手しましょう。

ICOCAエリア内の駅の窓口に「今迄利用していたICOCA」「新しく発行されたSMART ICOCA 」「ICOCA残高払い戻し券」の3点を持参すれば、チャージ残高だけを返金して貰えるのです。

ただし、以下の3つの注意ががあります。

①・ICOCA1枚のみ手数料無料で払い戻しができる。
②・記名式ICOCAの場合、本人確認書類が必要です。
③・定期券の場合手数料がかかってしまうので、SMART ICOCAへの切り替えであることを伝える必要があります。

残念ながら、終了しているサービスですが再開に期待したいですね!

6.SMART ICOCAの購入する方法は?

SMART ICOCAを購入する場合、クレジットカード会社から選ばなくても、現在クレジットカードを持っていれば、そのカード会社を決済用として、SMART ICOCAを作ることができます。

申し込み方法には以下の2つの方法があります。




①・「オンライン申し込み」

JRおでかけネット」の公式サイトにアクセスして、「ICOCA」メニューからオンライン申し込みをします。運転免許証や保険証などの身分証明書が必要になります。

②・「郵送で申し込み」

オンラインで申込み書を取り寄せて、郵送で申し込みも可能です。この場合、「J-WESTネット会員」に登録する必要があります。JR西日本のICOCAエリアの各駅には「SMART ICOCA入会申込書」が置いてあります。

③・大阪駅の「Club J-WESTサービスコーナー」

既にクレジットカードを持っている場合、特に審査の必要はありません。大阪駅の「Club J-WESTサービスコーナー」に行けば、即日でSMART ICOCAを発行して貰えます。

SMART ICOCAの発行を希望するときは、下記の2点を忘れずに持参しましょう!

①「決済用クレジットカード
②「身分証明書(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード写真付き等)」

クレジットカードを持っていない人は「J-WESTカード」を申し込めば簡単です。

国際ブランドは「JCB・VISA・MasterCard」になります。こちらも「大阪駅のClub J-WESTサービスコーナー」で申し込み手続きが可能でが、クレジットカードの新規申し込みなので審査を受ける必要があります。

審査にかかる時間は約1週間程、手間を考えるとオンラインから申し込むのがおすすめです。




新規で「J-WESTカードに入会、SMART ICOCAを作る場合」には、以下の4点が必要になります。

①「金融機関口座名(本人名義)」
②「口座番号
③「口座お届け印
④「身分証明書(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード写真付き等)」

多少手続きが面倒なのですが、J-WESTの会員になっておけば、SMART ICOCAの利用履歴がパソコンやスマホから参照できる様になります。

ICOCAは基本的にデポジットとして500円が返金されますが、チャージした残高によっては手数料がかかってしまいます。返却する時には残高を確認して、使い切ってから払い戻し手続きをしましょう。

一般的なICOCAを持っていて、今は全く使わないという人は、SMART ICOCAに切り替えることでデポジット代500円を取り戻すことができます。

さらにポイントを貯めるチャンスが増えるのでお得です!

7.まとめ

SMART ICOCAへの切り替えは手続きが複雑ですので面倒に思う人もいますが、JR西日本エリアでは持っていると何かと便利です!

クレジットカードを利用する機会が多い人は手続きをしておくのがおすすめです。

参照元:JRおでかけネット:トップページ|公式サイト
参照元:SMART ICOCAの特長 ICOCA:JRおでかけネット|公式サイト