残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

近鉄電車でICOCAを使う方法は?「KIPS ICOCA」を完全ガイドします♪




これで解決!近鉄電車でICOCAを使う方法「KIPS ICOCA」を完全ガイド!

1.KIPS ICOCAカードとは?
2.KIPS ICOCAカードの入会方法
3.KIPS ICOCAカードの利用範囲
4.ICOCAをKIPS ICOCAカードに変更
5.磁気定期券をKIPS ICOCAカードに変更
6.定期券をKIPS ICOCA定期券に変更する方法
7.KIPS ICOCAカードの登録内容の変更方法
8.KIPS ICOCAカードのチャージ方法
9.KIPSポイントをKIPS ICOCAカードに移す方法
10.KIPS ICOCAカードを紛失した場合
11.KIPSポイントの使い方
12.まとめ

関西では「ICOCA」が当たり前です。(Suicaは関東のカードですよ♪使っている人も多いですけど。)

ICOCAは関西で発行しているカードなので、JR西日本で使われることが多いですね♪

近鉄電車でも使えるかどうか?良くわからない方もいるかと思います。

近鉄電車でICOCAを使うために、「KIPS ICOCAカード」の入会方法、使い方を確認しておきましょう!

1.「KIPS ICOCAカード」とは?

KIPS ICOCAカード」は、近鉄グループが発行している「KIPSポイントカード」と「ICOCA」の機能が一体になった便利なカードです。

KIPS ICOCAカードを近鉄電車で利用すると「KIPSポイント」が貯まります。

KIPSポイントの還元率は「200円につき1ポイント」です。

KIPS ICOCAカードは、定期券を搭載することも可能なので、定期券を購入するたびにポイントを貯めることも出来ます♪

もちろん「近鉄百貨店」や「KINSHO」でのお買い物でもポイントが貯まります!

この場合のポイント還元率は「100円または200円につき1ポイント」となっています。(商品の購入前に還元率はチェックしておきましょう!)

「KIPS ICOCAカード」の申し込み対象者は小学生を含まない12歳以上です。

記名式のカードなので、本人以外が利用することはできません。また家族カードもありません。

販売金額は「1枚2,000円(実質0円)」です。初期チャージ金額が1,500円、500円はデポジット料金です。(カードを返却する際に500円は返金されます。)

発売場所は近鉄の主要駅の定期券発売窓口となっています。




2.「KIPS ICOCAカード」の入会方法

KIPS ICOCAカードの申し込みには、本人確認可能な証明書が必要です。

運転免許証や健康保険証、パスポートなどの公的な証明書を提出する必要があります。

さらに、KIPS ICOCAカードの購入方法は現金のみです。クレジットカードで購入することはできません!

ただし、「KIPS ICOCAカード」に「定期券」を搭載して購入する場合に限っては、「KIPSクレジットカード」で決済することが可能です。

3.「KIPS ICOCAカード」の利用範囲

「KIPS ICOCAカード」の利用範囲は、近鉄電車を含めて、近畿圏などの鉄道(JR・阪神電車・南海電車・京阪電車・阪急電車など)で利用することができます。

近鉄電車でのIC乗車券利用分に対して「KIPSポイント」が貯まります。

「KIPS ICOCAカード」は、ICOCAの取り扱い店舗や様々な施設で電子マネーとして利用することはできますが、その際にKIPSポイントを貯めたり利用することはできません。




4.JR西日本発行の「ICOCA」を「KIPS ICOCAカード」に変更する場合

同じカードのまま、JR西日本発行の「ICOCA」を「KIPS ICOCAカード」に変更する手続きはできません。

変更したい場合は近鉄の定期券発売窓口や駅営業所で、KIPS ICOCAカードを新たに購入する必要があります。

ただし不要になったICOCAカードの中に残っている残高に関しては220円の手数料が必要ですが、近鉄の定期券発売窓口で払い戻してくれます。

JR西日本発行の「ICOCA」を「KIPS ICOCAカード」に変更する場合、新しいカードを購入するという形になります。

ICOCAカードにチャージしている残高をKIPS ICOCAカードに移し替えることはできません。

5.「磁気定期券」を「KIPS ICOCAカード」に変更する場合

近鉄の定期券発売窓口では、手数料無料で磁気定期券をKIPS ICOCAカードに搭載することができます。

ただし対象となる定期券は、「近鉄線の定期券」または「近鉄とJR西日本・京都市交通局・京都・阪神・南海・名鉄・JR東海との連絡定期券」になります。

KIPS ICOCAカードをまだ持っていない場合も、同時に購入手続きをすれば大丈夫です。

ただし磁気定期券を、他社でクレジットカード決済で購入している場合は、正規の取り扱いができないので駅の係員さんに相談してみてください。




6.JR西日本や京都で購入した定期券をKIPS ICOCA定期券に変更する方法

近鉄で発行した磁気定期券を変更する場合とは違って、「ICOCA定期券」のままでは「KIPS ICOCAカード」に定期券を載せ替えることはできません。

既存の定期券を有効期間満了まで使ってから、新たに近鉄定期券発売窓口で定期券を購入する必要があります。

同じICOCAでも紛らわしいのですが、迷う場合は一度手持ちの定期券がKIPS ICOCAカードと合体できるかどうか?

駅員さんに問い合わせてみましょう。

7.KIPS ICOCAカードの登録内容の変更方法

カードの定期券部分や住所・氏名・区間などの届出を変更する場合は、KIPS ICOCAカードを持参して、近鉄定期券発売窓口に申し出るようにしましょう。

解約手続きも同様ですが、解約には所定の手数料がかかります。ただしチャージ残高とデポジットは返金されますので安心してください。

8.KIPS ICOCAカードのチャージ方法

「KIPS ICOCAカード」へのチャージ方法は、通常のICOCAと同様です。

ICOCAエリア内にある駅の券売機や窓口、チャージ可能な店舗のレジなどで希望金額を入金することができます。

JR西日本の駅では、KIPS ICOCAカード自体の購入はできませんが、チャージを行うことは可能です。

ただし全国相互利用エリア外にある場合、改札を通ることができても不足金額のチャージができないことがあります。

旅行などに行くときはあらかじめ多めの金額をチャージしておくようにしましょう。




9.KIPSポイントをKIPS ICOCAカードに移す方法

KIPS ICOCAカードを作る前に、保有していた別のカードに入っているKIPSポイントを、ICOCAカードに移すことは残念ながらできません。

10.KIPS ICOCAカードを紛失した場合

「KIPS ICOCAカード」は、必ず個人情報がデータセンターに登録されているので、万が一紛失・盗難にあった場合でも再発行が可能です。

再発行時のカード内に残っていたチャージ残高、KIPSポイントは再発行したカードに引き継ぐことができます。

紛失に気がついた時点で速やかに、カード紛失応対デスクに連絡をしましょう。

▼【カード紛失応対デスクの連絡先

サポートセンター電話番号「0570-020-383」

サポートセンターは年中無休です。早朝5時30分から深夜24時まで対応しています。

再発行を申し込んだ「KIPS ICOCAカード」は、再発行を届け出た翌日から2週間以内に近鉄の定期券発売窓口で発券することができます。

受け取りの際には「本人確認書類」と「デポジット料金500円」、「再発行手数料510円」を支払う必要があります。

保証の対象になる期間は、紛失の届出を出した後の期間に限られます。

紛失の届出を出す前に利用されてしまった分は保証の対象外なので、カードの管理には十分注意しましょう。

万が一なくなったカードが出てきた場合は、そのカードを再び使うことはできません。届出を出した時点で利用停止処置がされています。

ただし出てきたカードを窓口に返却することで、その分のデポジット料金(500円)を返金してもらうことができます。




11.「KIPSポイント」の使い方

最後に、貯めたKIPSポイントの使い方をご紹介します!

「1ポイント1円」の換算で、近鉄百貨店やスーパーマーケットKINSHOなどの加盟店で利用可能です。

あべのアポロシネマ」や「あべのハルカス美術館」では、100ポイント単位から施設利用料金として使うことが可能となっていて、近鉄グループのホテルやゴルフ場では500ポイントから利用することができます。

また、500ポイントで一枚500円相当のKIPSクーポンと交換することができます。

近鉄の主な駅の営業所や近鉄百貨店にクーポン発券機が設置されています。

発券したクーポンは3ヶ月間の有効期限があります。釣り銭は出ませんが、近鉄各グループの店舗や施設で利用可能なので、プレゼントとして誰かに渡してもいいですね♪

その他、JALのマイルなど提携している他社のポイントと相互交換することもできます。

ポイントの交換比率は各ポイントによって異なるので、詳細は「KIPSポイント」のホームページで確認してください。

KIPSポイントの有効期限は、毎年1月1日から12月31日までに貯めたポイントは、翌々年の1月15日までが有効期限になります。

年末に付与されたポイントほど有効期限が短くなるので、ポイントについての案内などをよく確認して無駄のないよう使い切りましょう!




12.まとめ

近鉄電車で使えるICOCAについて、詳しくご案内しました!

普通のICOCAだとポイントを貯めることができないので、近鉄をよく利用する人はぜひ「KIPS ICOCAカード」に作り変えて、お得に活用することをお勧めします♪

参照元:KIPS ICOCAカードのご案内 – 近鉄グループのKIPSカード
参照元:KIPSポイントをつかう – 近鉄グループのKIPSカード