残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

PiTaPa倶楽部にログインする方法は?ご利用代金通知書の停止で100円を節約!




PiTaPa倶楽部にログインする方法は?ご利用代金通知書の停止で100円を節約!

1.PiTaPa倶楽部とは?
2.PiTaPa倶楽部にログイン!まずやることは?
3.PiTaPa倶楽部にログインしてできること
4.まとめ

PiTaPa」は、「ピタッとタッチするだけで、パッとスピーディー」という頭文字から取られた交通系ICカードの名称です!

「PiTaPa」1枚で電車やバス、ショッピングやグルメの支払いに利用可能です。

さらにPiTaPaの特徴として、今までの交通系ICカードにはなかった、「チャージ不要」という大きな特徴「後払いサービス(ポストペイサービス)」があります!

毎月トータルの利用金額が指定口座から一括で引かれる仕組みになっています。

PiTaPaの本会員に対して家族カードを作ることが出来るので、家族全員分の支払いをまとめて行うこともできます。

従来通りPiTaPaカード内にお金をチャージして使うこともできますし、相互利用サービスの対象エリアも広くなっています。

入会金や年会費は無料です!

さらに、PiTaPaの利用実績に応じて様々な割引サービスがあったり、ショッピングでポイントが貯まり、そのポイントを電車やバスの運賃にあてることができます。

万が一紛失してしまった場合でも、データの保証サービスがある安心出来るカードです。

ここでは、「PiTaPa」のサービスを便利に使うための「PiTaPa倶楽部」について詳しくご紹介します!




1.PiTaPa倶楽部とは?

「PiTaPa倶楽部」とは、PiTaPa会員専用のインターネットサービスのことです!

利用代金や明細の照会がいつでもできる他に、登録型割引サービスの登録・変更・取消・住所変更などの届出もウェブ上で操作することが可能です。

「PiTaPa倶楽部」はパソコン、携帯電話、スマホに対応しています。入会金や年会費は無料です。ただし一年に一度も「PiTaPa」を利用しなかった場合、PiTaPa維持管理料として1000円が必要になります

▼【PiTaPa倶楽部の会員登録方法

「PiTaPa倶楽部」の利用にあたっては会員登録が必要です。

PiTaPaカードが手元にあることが会員登録の条件なので、カードが手元に届いてから会員登録を行いましょう。

①・PiTaPaのホームページのトップ画面から、「PiTaPa倶楽部会員登録」を選択します。

②・会員規約が表示されるのでよく読んでから、規約に同意して「PiTaPa倶楽部に会員登録する」を選択しましょう。

③・PiTaPaカードの「ID」と「会員番号」、そして「メールアドレス」を入力する画面になるので、必要事項を入力し「OK」を選択すれば登録完了です。

会員登録を済ませることで、すぐにPiTaPa倶楽部の利用をすることができます。




2.PiTaPa倶楽部にログイン!まずやることは?

PiTaPa倶楽部に入会したら、まず真っ先に済ませて欲しい手続きがあります。

それは「PiTaPaご利用代金通知書」の発行をストップすることです。

通常PiTaPaのカードに入会すると、毎月PiTaPaの利用明細が自宅に郵送されます。実はこの封書は有料で、1回100円が利用者負担になるのです。

利用実績のない月はさすがに届きませんが、頼んでもいないのに有料で送られてきてしまうのは腑に落ちないですよね?

ただしPiTaPa倶楽部に入会すると、この利用代金通知書の発送を解除する手続きを行うことができます。なぜならPiTaPa倶楽部のWeb上で、明細を確認することができるからです。

解除方法は、PiTaPa倶楽部のトップ画面の会員メニューから、「ご利用代金通知書発送受付・解除」を選択します。

変更後の選択欄から「ご利用代金通知書を発送しない」を選び、会員番号の下4桁を入力します。すると登録したメールアドレスに完了通知のメールが届きますので、これをもって解除が完了します。

手続き完了の当月の利用分から、早速通知書の発送が停止されます。

発送解除後は月一回、請求額確定のメールが届きます。PiTaPa倶楽部にアクセスして金額を確認するようにしましょう。これらの作業はあくまでもPiTaPa倶楽部にログインして行えるもので、電話での手続きを行うことはできないのです。

残念ながら、PiTaPa倶楽部に入るのも嫌だし、封書の明細が届くのも拒否するということはできないことになっています。それだけポストペイサービスにおいて、明細の相互確認が重要視されているということです。

間違いなく計上されているか、月にどのぐらいの交通費が固定費としてかかっているのか把握するためにも、明細は必要です。紙で残すよりもPiTaPa倶楽部にログインして確認を行う方法が、経済的で管理もしやすいですね!




3.PiTaPa倶楽部にログインしてできること

他にもPiTaPaクラブにログインして行える操作がいくつかあります!

ログインするためには、その都度「ログインID」「パスワード」の入力が必要です。

▼【会員情報の照会と変更手続き

住所や電話番号、メールアドレスの照会と変更を行うことができます。個人情報の変更で行える手続きはこの3点のみです。

名前が変わった場合、PiTaPaの種類を変えたい場合、定期券などの登録区分が変わった場合、指定口座を変更する場合はPiTaPa倶楽部のWeb上では行うことはできません。別途申請書での手続きが必要です。

▼【登録型割引サービスの照会・登録・取り消し

各交通機関が提供する「登録型割引サービス」の確認や、追加登録、取り消しを行うことができます。

登録型割引サービス」とは、利用回数割引や区間指定割引などのことです。

例えば1ヶ月間同一社線の同一運賃区間を11回以上利用した場合、11回目以降から自動的に割引運賃が適用されるサービスがあります。利用区間が異なる場合でも、同一運賃区間であれば利用回数として合算できるとてもお得な割引です。

一方区間指定割引」とは、事前によく利用する区間を登録することで、その区間の利用を割り引いて乗車できるサービスです。割引率は1ヶ月定期運賃と同額です。

区間指定割引」に登録しておいて、もしも利用回数割引運賃の方がトータルで安かった場合は、安い方の運賃を自動計算して適用してくれるとても良心的なサービスです。

これらのサービスの登録や変更・取消を、PiTaPa倶楽部にログインして行うことができます。ただし、学生定期券や学生割引を使用する場合は、学生であることを証明する書類の提出が窓口に必要なので、PiTaPa倶楽部上では行うことはできません。




▼【利用代金明細の履歴照会

PiTaPaの利用履歴は券売機で確認することができますが、利用できる件数は最新20件の履歴になります。

一方PiTaPa倶楽部にログインして確認できる詳細は、過去6ヶ月前まで遡って行うことができます。この利用明細はCSVファイルでダウンロードや保存することも可能です。自宅のプリンターからプリントアウトするのも良いでしょう。

利用明細はとても詳細で、使用した交通エリアの日時や駅名はもちろんのこと、JR西日本やショッピングの利用も全て確認することができます。

一部全国相互エリア内での利用明細は表示されません。

▼【PiTaPaポイントの残高照会

PiTaPaの利用で貯まったポイントの残高を確認することができます。

このポイントには2年後の3月末日までという有効期限があるので、失効してしまわないように残高をこまめに確認しておいた方が良いでしょう。

▼【ポイントの移行登録・取り消し

貯まったポイントはPiTaPaにチャージする他にも、相互提携サービスを行っている各会社のポイントと交換したりすることができます。

特に航空マイレージを利用している人が多く、ポイントと航空マイレージの相互交換をPiTaPa倶楽部の中で登録・設定を行うことができます。

▼【会員登録解除手続き

PiTaPa倶楽部の会員を解除することも、 PiTaPa倶楽部にログインして行うことができます。特に面倒な手続きは必要ありません。

解除後もPiTaPaを継続利用する際には、再び利用明細通知書の発行料金が自動的に毎月請求されます。

4.まとめ

PiTaPa倶楽部にログインすると受けられる便利な機能についてご紹介しました!

スマホ1台で管理できるのはとても楽チンですね。会社の経費の資料作成にも役立つでしょう。PiTaPaを利用される方は、ぜひ入会してみてはいかがでしょうか?