残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

クレジットカードの受け取りは本人限定?他の受け取り方法がある??




クレジットカードの受け取りは本人限定?他の受け取り方法がある??

1.クレジットカードの受け取りは本人のみ?
2.家族が受け取れる場合もある?
3.即日発行のカードがある?(オススメ!4種類のカード)
4.クレジットカードの海外への郵送は?
5.まとめ

クレジットカードの発行を受けるとき、どんな受け取り方法があるのでしょうか?

原則としてクレジットカードを受け取ることができるのは、本人のみと指定されています。

本当に、クレジットカードは絶対に本人でなければ受け取りが出来ないのでしょうか?

知っておきたい!クレジットカード受け取り時の注意点をチェックしておきましょう!

1.クレジットカードの受け取りは本人のみ?

クレジットカードの受け取りは、基本的には本人がしなければいけません。

クレジットカードの配送は、通常であれば自宅に郵送で届き、本人が不在の場合は再配達となります。クレジットカードは自宅に郵送されるか、店頭で手渡しされるかの2つの方法が一般的ですが、ほとんどの場合で自宅に届けられることになるかと思います。

クレジットカードの配送は「佐川急便の受取人確認サポート」、「日本郵便の本人限定受取郵便」、あるいは「簡易書留」で送られてきます。タイミングによっては封筒見ただけで、クレジットカードだ!とわかるようになっています。

本人がいない場合は必ず再配達になります。・・というのは、クレジットカードというのは、申し込みだけではそれを作ったのが本当に本人なのかわからないですよね?そのため本人がその場に住んでいるかどうか?所在の確認が必要になります。

そういった理由から本人がいない場合、ポストや宅配ボックスに投函されるという事はまずないことを覚えておきましょう。




2.家族が受け取れる場合もある

・・とは言っても。仕事の事情などで、確実に本人が郵送されてくるクレジットカードを受け取るという事はできませんよね?

そのため、原則としては「本人受け取り」が必須となりますが、簡易書留で郵送されてきた場合のみ家族でも受け取ることか可能です。ただし、佐川急便の「受取人確認サポート」や日本郵便の「本人限定受取郵便」の場合、家族が受け取ることは出来ません。

そして「簡易書留」であったとしても、ポストや宅配ボックスに投函される事はありません。本人か家族に手渡しするということが原則となります。

また、転勤等の都合で引っ越しをした場合、郵便局は前の住所に届いてしまった郵便物を一定期間、転居先に転送してくれるというサービスを行っています。

しかし、クレジットカードに関してはこのサービスは適用されない可能性が高いですから注意しましょう!

「転送サービス」を使って、クレジットカードを送ってもらおうと思っても転送に応じてもらえないことがほとんどです。クレジットカードの郵送は、あくまでも申し込みの時点で記入した住所で受け取るということが原則になります。

また、もしも受取人確認サポートや本人限定受取郵便で送られてきた場合、確かに本人が受け取っているということを証明するために身分証明書などを提示しなければいけない場合があります。

その場合には、運転免許証や保険証、パスポート等を配達人に見せなければいけませんから事前に準備しておきましょう。あるいは、申し込み時に設定したパスワードを用いて本人確認をするというケースも増えています。




3.即日発行のカードがある?(オススメ!4種類のカード)

クレジットカードは発行までに数週間の時間が必要になることがほとんどですが、カード発行会社によっては店頭で即日受け取れる場合もあります。もちろん即日発行のクレジットカードの場合、申し込んだその場で受け取ることが可能です。

例えば・・

①・セゾンカードインターナショナル
②・エポスカード
③・ACマスターカード
④・PARCOカード

といったクレジットカードが即日発行可能な代表的なクレジットカードです。

①・「セゾンカードインターナショナル」の特徴と発行方法は?

即日発行可能なクレジットカードとして、特に人気がある「セゾンカードインターナショナル」はポイントに有効期限がない!永久不滅ポイントが最大の特徴として知られています。

ポイント還元率も高く、セゾングループが運営している「セゾンポイントモール」を利用して買い物をすると、永久不滅ポイントが最大30%の還元率になる場合もあります。

「パルコ」や「ららぽーと」などの提携施設で申し込みをした場合、最短で当日受け取りが可能です。郵送の場合は3日位での受け取りが可能です。

②・「エポスカード」の特徴と発行方法は?

「エポスカード」は70種類以上の豊富なデザインが特徴です!

中にはアニメや漫画をモチーフとしたカードもあります。年会費も無料であり、コスパも高いと言われています!

高校生は申し込みができませんが、18歳であれば申し込みが可能です。海外旅行損害保険が自動付帯されてて、提携しているレストランやレジャー施設を割引で利用することもできます。

舞台やイベントのチケットを割引購入することも可能ですし、レンタカーやカーシェアサービスの利用時にもお得な特典が用意されています。全国のマルイ店舗で当日受け取ることが可能です。受取方法に郵送を選んだ場合、1週間ほどで手元に届くことになります。




③・「ACマスターカード」の特徴と発行方法は?

「ACマスターカード」は株式会社のアコムが発行しているカードです。

「ACマスターカード」は街中にある「アコムの自動契約機」で発行することが可能です。優待ポイントなどはなく、審査は甘いと言われています。とにかくすぐにカードが欲しい!他のカード会社で審査に落ちてしまった!という人にオススメの即日発行クレジットカードです。

ただし、「ACマスターカード」はリボ払い専用のクレジットカードですから、毎月の返済金額を低く設定してしまうと、手数料ばかりが高額になってしまう可能性があるので注意しましょう。

「ACマスターカード」は20歳以上の人ならば誰でも申し込みが可能、年会費は無料です。日本全国のアコムの自動契約機コーナーで即日発行されます。ショッピングの限度額は最高で3,000,000円となり、支払いはネットでもコンビニATMでも大丈夫です!

④・「PARCOカード」の特徴と発行方法は?

「PARCOカード」は都市部で有名な商業施設、パルコでの買い物が断然お得です!

「PARCOカード」を発行した初年度にパルコ内の店舗で「PARCOカード」を使って買い物をすると、チケット販売や自販機の利用などを除いて、ほぼ全ての商品が5%オフになります!

普段からパルコで買い物することが多い、という人は絶対に持っておきたいカードと言えます。

また、年間利用額が100,000円を超えた場合。5%オフの特典が初年度以降の翌年にも適用されます。パルコでの買い物がずっと5%オフになる。と考えると非常にお得なカードだと言えますね!

「PARCOカード」は全国のパルコで申し込み可能です。申し込みができるのは高校生を除く18歳以上、「PARCOカード」の受け取りは最短で即日発行が可能です。ポイントの還元率は利用金額1,000円ごとに1ポイントとなっています。




4.クレジットカードの海外への郵送は?

最近は海外に住む人も増えましたから、日本のクレジットカードを海外で使うことも多いですよね!

しかし、発行されたクレジットカードの海外発送は基本的に行われていません。

多くのクレジットカード会社は郵送先を日本国内に限っており、もしも海外に住んでいる人にクレジットカードを届けなければいけない場合。本人が帰国をするか、家族がその国に届けに行くか、あるいは国内の指定住所に郵送するという方法になります。

クレジットカードを海外郵送しても、誤って失くしてしまったり、不正利用されてしまった場合、その分は保証されないケースが多くあります。そのため、国際郵便でクレジットカードを送る場合のトラブルはあくまでも自己責任ということになります。

中には「EMS」を使えば大丈夫。という人もいますし、中身がクレジットカードだとわからないようにしておけば大丈夫。という人もいます。しかし、保障の対象外となるクレジットカードの海外郵送は出来る限りやめた方が良いでしょう。

「三井住友VISAカード」の場合、一番最初の発行は日本国内に届けられることになりますが、カードの更新時には海外にも発送してもらえるという場合があります。

年会費がプラスしてかかりますが、海外に住んでいる人にはありがたいサービスかもしれませんね!

クレジットカード会社が海外に届けてくれる場合、国際郵送している間にトラブルがあっても保障がありますので安心です。

5.まとめ

クレジットカードを受け取る場合、本人しか受け取れないのか?家族でも受け取れるのか?確認しておきましょう!

また、受け取りの際に誰もいない場合。例外なく受け取り出来ない場合がほとんどなので、その場合は再配達を申し込む必要があります。

クレジットカードの受け取りには注意しましょう!