残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

今すぐわかる!WebMoneyの残高照会方法を完全ガイドします♪




今すぐわかる!WebMoneyの残高照会方法を完全ガイドします♪

1.WebMoneyとは?
2.WebMoneyの残高照会方法①:公式サイトから
3.WebMoneyの残高照会方法②:アプリから
4.WebMoneyカードケースの利用方法
5.バーチャルカードを利用する場合
6.「WebMoneyカード」を利用する場合
7.複数のWebMoneyカードを1枚に合算したい場合
8.まとめ

WebMoney」は利用していますか?

WebMoneyは簡単な利用方法が人気の秘密です♪

チャージすることでWebMoneyは利用可能ですが、しばらく使わないでいると残高がわからなることがあります。

そこで、WebMoneyの残高照会方法を覚えておきましょう!




1.WebMoneyとは?

WebMoney」とは、16ケタのプリペイド番号(英数字)を入手して、公式サイトでチャージすることで・・。

電子マネーとして利用できる「電子マネーサービス」のことです。

利用したことがない方には、ちょっと難しいですよね・・。もう一度詳しく説明すると・・。

実際の通貨で購入した「16ケタの番号」を公式サイトで入力することで、「WebMoney」としてオンライン上の通貨となり、Webコンテンツや通販商品などの購入に利用することができます。

WebMoney最大の特徴として、クレジットカードのように事前に個人情報を入力したり、審査を受けたりする必要がなく、クレジットカードを持てない学生でもオンライン利用することが可能だということです。

WebMoneyの「16ケタの番号」はコンビニなどでも販売されているので、手軽に購入できるようになっています。

その他にも、ネットカフェやドラッグストア、CDショップなどでも販売されています♪

コンビニでWebMoneyを購入する場合、店頭に置かれている「WebMoneyカード」をレジに持っていき、直接現金で購入する方法が一般的です。

他にも、店内に設置されているネットワーク端末(ローソンの「Loppi」、ファミリーマートの「ファミポート」など)を利用して購入手続きをしましょう。

端末で指定した金額の「WebMoneyレシート」を発行して、レジで現金を支払ってWebMoneyとなる「16ケタの番号」を受け取る方法があります。

WebMoneyのプリペイド番号として1度にチャージ可能な上限金額は「10,000ポイント」です。これは、現金に換算すると「10,000円」相当です。

そして、もちろん。WebMoneyはインターネットからの購入も可能です!

WebMoneyの公式スマホアプリ「WebMoneyカードケース」を利用すると、クレジットカード・インターネットバンキングからWebMoneyを購入することも可能です。

ちょっと珍しい支払い方法として、「auかんたん決済」での支払いも可能です。

auかんたん決済で支払う場合には「ウェブマネーウォレット(インターネット上でWebMoneyをチャージできる無料オンライン財布)」を使って、WebMoneyを購入することが可能です。




2.WebMoneyの残高照会方法①:公式サイトから

WebMoneyはチャージした金額の分だけが利用限度額なので、クレジットカードのように使い過ぎることがなく安心です!

ただし、適度にWebMoneyを使っていないとチャージ残高を忘れてしまうことがあり、今どのくらいポイント(残高)があるのか?わからなくなる場合があります。

そんなときには、「WebMoney公式サイト」でプリペイド番号(チャージ金額)の残高確認が可能です。

▼【WebMoney公式サイトで残高確認する方法は?

①・まずは、「WebMoney公式サイト」を開きましょう。

②・ホーム画面上にある「残高照会」という青いボタンをクリックします。

③・画面に「プリペイド番号の入力フォーム」が表示されるので、1枠に4ケタ×4枠=16ケタの数字を入力して「照会する」をクリックします。

これで、WebMoneyの残高を確認することができますよ♪

WebMoneyをチャージする際にもプリペイド番号を入力するので、どこに番号が記載されているのか分かっているかと思いますが・・。

カードタイプごとに、プリペイド番号が記載されている部分を確認しておきましょう!

カードタイプの場合

カード裏面のバーコード上にある「4ケタ×4つの英数字」です。

シートタイプの場合

販売金額・利用可能金額の下に表示されている「数字8ケタ+アルファベット8ケタ」です。(プリペイド番号欄に表示されているので、すぐにわかります♪)

ギフトカードの場合

プレゼント用のギフトカードは、カードタイプと同様に裏面のバーコード上に記載されています。

ちなみに、番号には銀スクラッチのセキュリティ加工が施されており、所有者のみが確認できるようになっています。




3.WebMoneyの残高照会方法②:アプリから

公式スマホアプリ「WebMoneyカードケース」からでも、WebMoneyの残高照会が可能です。

公式アプリを使えば、簡単に残高照会が可能なので。ぜひアプリをダウンロードしておきましょう。

WebMoneyカードケース」は、Android/iOSのどちらにも対応、無料で利用することが可能です♪

「WebMoneyカードケース」では、リアルタイムで残高照会が可能な以外にも、いちいちケタ数の多い「プリペイド番号」を入力しなくても、事前に登録を済ませることで簡単に決済利用することができるんです♪

さらに、万が一WebMoneyカードを紛失してしまっても、「カードを一時停止」ボタンをクリックするだけで、一時的にロックをかけて不正利用を防止する機能も付いているので安心です。

▼【WebMoneyカードケースでWebMoneyを利用する方法

WebMoneyの利用方法は、アプリを起動させて、登録している「WebMoney」をタップするだけです。

画面の下部に「〇〇〇POINT」とWebMoneyの種類が表示されます。

WebMoneyカードを複数枚登録している場合、スクロールして利用するWebMoneyカードを選択しましょう。

4.WebMoneyカードケースの利用方法

公式アプリ「WebMoneyカードケース」を使用する場合。インストール後に「携帯電話の番号」・「パスコード」をアプリに事前登録する準備が必要です。

WebMoneyカードケースの基本操作方法

WebMoneyカードケース内には、仮想のウェブマネーカード「バーチャルカード(仮想カード)」が搭載されています。

この「仮想カード」を使うことで、わざわざWebMoneyカードを持ち運ばなくても良くなりますね。(バーチャルカードは、WebMoney加盟店でのみ利用可能です。)

バーチャルカード以外に登録できるカードは、プラスチック製の磁気ストライプ型カードです。

WebMoneyストアーカード」「Mastercardプリペイド付きWebMoneyカード」となっています。

「WebMoneyストアーカード」は全国のauショップで販売されているカードです。ピンク・ブルー・オレンジ・グリーンなどの種類がありますよ♪

シートタイプ・ギフトカードなどのWebMoneyは「WebMoneyカードケース」には登録できません。




5.バーチャルカードを利用する場合

▼【①・利用開始手続きをする

バーチャルカードの初期設定は「一時停止中」になっているため、画面中央に表示されている「一時停止の解除はこちら」をクリックして、解除手続きを行います。

登録が完了すると、画面中央にWebMoneyのロゴが入った白いカードが表示されて、カード上にバーチャルカードを示す「VC」のマークが表示されます。

また、カード下には「ポイント残高(チャージ金残高)」・「管理番号」・「有効期限」が表示されます。

※覚えておきたいポイントとして、バーチャルカードに有効期限はありません。「無期限」と表示されます。

▼【②・チャージをする

バーチャルカードを利用するためには、まず最初にカードにポイントをチャージする必要があります。

チャージ可能な方法としては、「プリペイド番号」・「コンビニ収納代行(セブンイレブン)」・「auショップでのチャージ」・「三菱UFJ銀行からのチャージ」の4つがあります。

(インターネットバンキング・クレジットカード払いはできません。)

チャージ方法については、公式アプリ「WebMoneyカードケース」で、チャージ方法ごとに確認することができます♪

▼【③・支払いをする

WebMoney加盟店で利用する場合(スマホから)

1・WebMoney加盟店で、WebMoneyカードケースを選択して「WebMoney支払い画面」を表示しましょう。

WebMoneyの支払い画面では、「プリペイド番号で支払う」・「ウェブマネーウォレットで支払う」・「アプリで支払う」などいくつかの方法が表示されます。

ここで、「アプリで支払う」をタップします。

2・カードを選んで指示通りに手続きを行えば、決済が完了します。




6.「WebMoneyカード」・「Mastercardプリペイド付き・WebMoneyカード」を利用する場合

▼【①・カードを登録する

1・アプリを起動して、「カード追加」ボタンをタップしましょう。

2・登録したいWebMoneyカード裏面のプリペイド番号を、スマホのカメラで撮影すれば自動で登録されます。

▼【②・チャージする

MasterCardプリペイド付きWebMoneyカードは、全てのチャージ手段(プリペイド番号・セブンイレブン・auショップ・クレジットカード・インターネットバンキング・三菱UFJ銀行)が利用できます。

詳しい内容に関しては、公式サイト「WebMoneyカードケース」を良く確認してみましょう。

▼【③・支払いをする

支払方法はバーチャルカードと同じ方法です。WebMoneyカードケースをスマホに入れておけば、いつでも簡単に「残高照会・チャージ・支払い」が可能です。

7.複数のWebMoneyカードを1枚に合算したい場合

同じ機能を持つWebMoneyカードを複数所有している場合、1枚に残高を合算することができます。

▼【複数のWebMoneyカードを1枚に合算する方法

①・公式サイトTOP画面右上にある「残高引継ぎ」ボタンをクリックします。

②・「引継ぎ元のプリペイド番号」と「引継ぎ先のプリペイド番号」を入力する画面が表示されるので、それぞれの番号を入力して「次へ」をクリックします。

③・引継ぎ実行後の残高が以下のように表示されます。

現在の残高

「引継ぎ元」と「引継ぎ先」、両方のポイントが表示されます。

引き継ぎ後の残高

引継ぎ元が0ポイントになり、引継ぎ先に合算ポイントが表示されます。

内容を確認して、OKならば「まとめる」ボタンをクリックしましょう。これでWebMoneyの合算は完了します♪




8.まとめ

WebMoneyの魅力は、面倒な個人情報の登録や審査などを必要とせず、コンビニで簡単に購入できるところです。

さらに、WebMoneyを使って様々なネットコンテンツを利用したり・購入することも可能です!

また、詳細なWebMoneyのポイント残高も「公式サイト」や「公式アプリ」ですぐに確認できるので、残高を心配する必要もありませんよ♪

参照元:電子マネーWebMoney(ウェブマネー)|公式サイト