残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

JCBプレモカードの使い方は?残高照会はどうやって出来る?




JCBプレモカードの使い方は?残高照会はどうやって行うの?

1.JCBプレモカードはどこで購入するの?
2.JCBプレモデジタルとは?
3.JCBプレモカードへのチャージ方法は?
4.JCBプレモカードの残高照会方法は?
5.ボーナスポイントをもらう方法は?
6.まとめ

JCBプレモカード」は、JCBが発行するプリペイド形式の電子マネーです。

JCBプレモカードの特徴・使い方を確認しておきましょう!




1.JCBプレモカードはどこで購入するの?

JCBプレモカード」はコンビニのファミリーマートやローソンの店頭から、またはネットを利用してJCBのサイトなどから購入することができます。

クレジットカードサイズのICカードで、チャージをして繰り返して利用できる仕組みになっています。

「JCBプレモカード」を電子マネーとして利用可能な店舗、ネット上のショッピングサイトは数多くあります。

コンビニ以外にもマクドナルドや伊勢丹、丸井、三越、ユニクロなどの店舗で、ネットショッピングでは、「Amazon」や「ジョーシン電機」のWEBサイトなどで利用することができます。

セブンイレブンで取扱いがないのは?

JCBプレモカードは三大コンビニチェーンの中で、セブンイレブンでは一切取扱っていません。販売も無ければ、使うこともできません

この理由は、セブンイレブンには独自の「nanaco」という同様のプリペイド形式の電子マネーがある為です。

JCBプレモカードもnanacoと仕組みはほぼ一緒で、言わばライバル同士というところになります。

カード代金が上乗せされています!

JCBプレモカードの販売額面は、800円、1,300円、3,300円、5,300円、10,300円、20,300円の6種類です。

ここで気付くのが、とても中途半端な金額になっているという点ですが、これらの金額にはそれぞれJCBプレモカード自体の代金の300円が含まれている為です。

よって、実際に電子マネーとして利用できる分は各々300円を差し引いた金額になります。カード自体はどれも一緒です。

デポジット(保証金)という訳ではありません!

このようなICカードで有名なのは、関東地方の「Suica」や関西地方の「ICOCA」ですよね!

これらは交通系ICカードと呼ばれていますが、チャージ残高は電子マネーとしての利用も可能です。

交通系ICカードは「JCBプレモカード」と同様に、購入時の額面にカード自体のデポジットとして500円が含まれていますが、この分はカードを返却すれば返金してもらうことができます。

ただし、JCBプレモカードは使わなくなった後の返却も受け付けていないので、カード代金の300円は返ってくることはありません。JCBプレモカードはこの点を理解の上、購入してください。




2.JCBプレモデジタルとは?

JCBプレモカードには、デジタル版とも呼べる「JCBプレモデジタル」というサービスも存在しています。

こちらは物理的なカードの発行はなく、ネット上だけでの管理となり、利用できるのもネット上だけです。

JCBプレモカードは「JCBプレモデジタル」が利用できるネット上の店舗はもちろん、ファミリーマートやローソン、その他の数多くの店舗でも利用することが可能です。

完全にJCBプレモカードの上位版だと考えていいでしょう。

JCBプレモデジタルの残高を移行できます!

「JCBプレモデジタル」を利用している人は「JCBプレモカード」を購入すると、前者のチャージ残高を「JCBプレモカード」の方にそのまま移行することができます

ただし、既にJCBプレモカードにチャージされている分と合わせて、チャージの上限額を超える場合は、残額の移行が行えないので、どちらかの残高を減らしてから再度行ってください。

50,000円がチャージの上限額です!

JCBプレモカードのチャージの上限額は50,000円です。このチャージ残高は”バリュー”と呼ばれ、チャージをする金額によってボーナスが加算されることもあります。

ボーナス分はそのまま残高として利用できるので、そのようなボーナスが付いたチャージはとてもお得となっています。




3.JCBプレモカードへのチャージ方法は?

「JCBプレモカード」のチャージ方法は、以下の4つがメインの方法です!

①・クレジットカードでのチャージ

インターネットを利用してチャージする方法です。1,000円単位で一度のチャージの上限は29,000円までとなっています。

また、1日の合計額として30,000円までがチャージ上限金額となります。

②・コンビニ(ファミリーマート、ローソン)の店頭でのチャージ

上記のチャージ内容と同じく、1,000円単位。一度で29,000円までです。現金での支払いになります。

③・銀行ATMからのチャージ

銀行ATMへこのカードを挿入し、現金でチャージをする方法です。チャージ単位や一度の上限額は上の2つ方法と同様です。

④・銀行口座からのチャージ

銀行口座からのチャージ方法もインターネットを利用して行います。

指定した銀行口座の残高からのチャージとなり、一度で5,000円のチャージのみ、そして、1日に1回しか行うことができません。

払い戻しは一切できません!

「JCBプレモデジタル」「JCBプレモカード」にチャージをした残高を払い戻すということはできません。不要になった時には使い切ってください

なお、nananoとは違い、コンビニの店頭での公共料金への支払いには利用できないので注意してください。これは、ボーナスポイントが影響している為です。(※実質的な割引になってしまうためです。)




4.JCBプレモカードの残高照会方法は?

JCBプレモカードは、見た目からは一切中身の情報が分かりません。その為、残高照会などはネットの”JCBプレモカードマイページ”からチェックしましょう!

JCBプレモカードマイページは、JCBプレモカードの裏面に記載されているカード番号と暗証番号によってログインを行うサイトで、そのカードについての情報はこのサイトから確認してください。

JCBプレモカードマイページで確認できる情報は?

JCBプレモカードマイページでは、以下の情報が確認できます。

1)チャージ残高の照会

2)チャージ(クレジットカード、及び銀行口座から)

3)JCBプレモデジタルからのチャージ残高の移行

4)暗証番号の変更

利用履歴の確認も可能です!

利用履歴の確認は、チャージ残高照会と一緒の画面で行えます。チャージ残高の照会は、コンビニの店頭や、銀行ATMからチャージ時にも可能です。

5.ボーナスポイントをもらう方法は?

JCBプレモカードはチャージ方法によってはボーナスポイントをもらうことができます。

チャージ方法は、セブン銀行のATMからのチャージ、ローソンの店頭でのチャージ、そして、JCBブランドのクレジットカードによるJCBプレモカードマイページからのチャージです。

前述の通り、セブンイレブンでは一切販売を行っておらず、利用することもできませんが、ATMがチャージにだけは対応しているのが面白い点だと言えるかも知れません。

チャージ金額の0.5%がボーナスです!

これらの方法でJCBプレモカードにチャージを行うと、その金額の0.5%がボーナスとしてチャージ残高にそのまま加算されます!

10,000円分をチャージすれば、50円がそのボーナスポイントになるので、10,050円のチャージとなるいう訳です。

JCBプレモカードにチャージをする際には、是非これらの方法でチャージを行ってください。

ローソンの店頭で会計時に先にチャージを行うと、そのまま続けてボーナスポイントを使った支払いが行えるのでとても便利です。

注意が必要なのは、セブン銀行のATMでチャージをした時に、そのままセブンイレブンでは利用できないという点です。これには気を付けてください。




6.まとめ

JCBプレモカードはチャージをして繰り返し利用できるプリペイド形式の電子マネーです。従来のJCBプレモデジタルを実カードにしたものと考えてください。

利用できる店舗数も多く、Amazonでも使うことができるので、ボーナスポイントをうまく利用すれば色々なショッピングがお得になるのは間違いありません!

参照元:JCBプレモカード|クレジットカードなら、JCBカード