残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

dポイントカードの使い方!〜カード作成方法と残高照会方法は?〜




dポイントカードの使い方!〜カード作成方法と残高照会方法は?〜




1.「dポイントカード」ってどんなカード?
2.「dポイントカード」を手に入れる方法
3.dポイントを貯める方法は?
4.貯まったdポイントの使い方
5.dポイントの残高確認方法
6.盗難・紛失時の手続きと注意するポイント
7.まとめ

「ドコモ(docomo)」が運営しているポイントサービスが「dポイント」です!

「dポイント」の使い方、上手な貯め方、残高照会方法を詳しくご紹介します♪

1.「dポイントカード」ってどんなカード?

主にドコモのサービスで付与されるポイント「dポイント」専用のポイントカードが「dポイントカード」です。

「dポイントカード」には、dポイントカードとして利用出来るカード以外に、クレジットカードの「dカード」と一体になったカードもあります

dポイントカードはdポイントを貯めて、使うことが出来る専用のカードなので、普段よく行くコンビニやスーパーなどのほか、dポイント加盟店のショッピングで「dポイントカード」を提示することで、dポイントがどんどん貯まっていきます。

dポイントカードを手に入れるためには、ドコモショップかdポイント加盟店での手続きが必要です。dポイントカードは入会金や年会費などは無料です。発行時にも、ポイントを貯めて使う時でも、お金は一切かかりません。

クレジットカード機能の付いたdカードを持てば、当然決済機能もついてポイントカードの代わりにもなるのですが、dカードの場合はカードのランクによっては年会費がかかる可能性もあるので事前に確認しておくようにしましょう。

例えばdゴールドカードの場合、年会費が10,000円に設定されています。もちろん高い年会費相当のサービスが付帯しているので、どちらを選ぶかはどんな使い方をしたいかによって、お得な方を選択するようにしましょう。

2.「dポイントカード」を手に入れる方法

dポイントカードはドコモショップやローソンなどのコンビニで手に入ります。dポイントカードを手に入れたら、その後に利用登録の手続きが必要になりますが、登録手続きはインターネット以外にローソンの「Loppi」からでも登録が可能です。

インターネットを利用した登録が簡単かと思いますので、手順を解説します!

まずはじめに、「dポイントカード登録」のページを開いて、dアカウントを持っている場合はIDとパスワードを登録します。持っていない人でも新たにdアカウントを発行できるのでドコモの携帯を持っていなくても登録は可能です。

アカウントの登録が済んだらdポイントの登録画面に進むので、手元にあるdポイントカードの番号とセキュリティコードを入力します。

その後に名前や住所などの個人情報を入力し、内容確認を済ませれば登録手続きが完了です。

登録する時期によってはキャンペーンが行われていることがあるので、参加しておけばdポイントがもらえる場合があります。




3.dポイントを貯める方法は?

まず、加盟店で買い物をする時にdポイントカードを提示するだけでポイントが受け取れます

加盟店はdポイントのホームページの中でジャンルや店名から検索することもできるし、エリアごとに地図で探したり、カテゴリー別に探すなどの方法があります。

ドコモの携帯電話やドコモ光を利用している人なら利用料に応じてポイントが進呈されます。ドコモの携帯電話とドコモ光の利用金額に応じたポイントが付与されるのは、利用月の翌月10日以降になります。

また、ドコモのサービスであるdマーケットを利用することでもポイントを貯める事が出来ます

ゲームやミュージックなど様々なものがありますが、代表的なところではdショッピングや雑誌が読み放題のdマガジン、出前サービスのdデリバリーなど、自分がよく使うサービスを利用することでポイントが貯まります。

さらにdポイントをしっかり貯めたいのであれば、クレジットカードのdカードを使うのが最も効果的です。dカードは電子マネーにも対応した便利なカードで、ポイント還元率が1パーセントとお得です。

dポイントカードの提示だけでもポイントが貯められるところに決済もdカードを利用すれば、いわばポイントが二重にたまる事になります。買い物などに上手に活用すれば、dポイントがどんどんたまりやすいという仕組みです。

また、dカードの発行の際にはお得なキャンペーンで発行時にdポイントがもらえるので、よりお得感があります。




4.貯まったdポイントの使い方

いろいろな場所で貯めたdポイントは、様々な使い方ができます!

まず、ドコモ携帯を使っている人なら携帯料金の支払いに使えます。ただし携帯電話の料金に使用する場合は3000ポイント以上で100ポイント単位などの決まりがあるので、事前に確認してから使うようにしましょう。

dポイントの加盟店でショッピングをする際にたまったdポイントを、同じくショッピングする際の支払いに使う事も出来ます。その場合は1ポイント=1円から使えるので、コンビニなどでの買い物にも便利に使えます。

そしてドコモの決済サービスのdケータイ払いプラスの利用時にもdポイントが使えます。貯まったdポイントを特に使い途がないというときには、別のポイントに交換するという方法もおすすめです。

JALマイルやPontaポイントなどに交換できるのでポイントを無駄にする心配がありません。

普段ドコモの携帯を使っている人はdポイントを貯める機会も多く、携帯電話関連の支払いにポイントを使う事もできるのですが、それ以外の人も賢く貯めて場合によっては他のポイントに交換するなどの対策で、より効率よく使う事が出来るようになります。

5.dポイントの残高確認方法

dポイントカードを作る際に使用したアカウントで「My docomo」にログインすれば、様々な情報を確認することができます。

ドコモ携帯電話などの利用料金をはじめ、その月のデータ通信料などの情報を簡単に確認できるし、利用可能なポイント残高も確認できます。様々なメニューやサービスを24時間いつでも自分の好きな時に無料で利用できます。

貯まったポイントの残高はもちろん。優待サービスなどをチェックすることもできて、ドコモの携帯を利用している人なら携帯内容に合わせたお得な情報をゲットするためにも便利です。




6.盗難・紛失時の手続きと注意するポイント

dポイントカードはドコモユーザー以外でも便利に使えるのですが・・。

せっかくポイントを貯めたのに万一盗難に合ったり紛失してしまった場合には、これまで貯めたdポイントはなくなってしまうの?なんて不安に感じてしまう事もあるかもしれません。

dポイントカードを紛失してしまったら、まずはすぐにカスタマーセンターに連絡してカードの利用停止手続きを取る必要があります。dポイントカードを失くしまった場合、せっかくためたポイントを不正使用されてしまう可能性もあるので、この手続きを直ちに取る事が大切です。

利用停止の手続きには登録したdアカウントの情報から本人確認が行われるので、カード番号がわからなくても大丈夫です。

また、dアカウントには3つまでdポイントカード番号を登録できて、ポイントは合算されて登録されているので、同じアカウントに登録済みの他のdポイントカードも忘れずに利用停止登録をしておきましょう。

dポイントカードを紛失してしまった場合は同じ番号のカードの再発行はできないため、新しいdポイントカードをドコモショップか加盟店で受け取って再度利用登録してポイントを引き継ぐという形になります。

注意しなければならないのがdポイントに有効期限があるという点です。dポイントにはdポイントとdポイント(期間・用途限定)の2種類があり、基本的には獲得した月から48か月後の月末まで有効期限があります。

利用したサービスによっては(期間・用途限定)のポイントになりますが、ポイント利用する際には(期間・用途限定)の方から使う事になります。

7.まとめ

特にドコモユーザーなら携帯電話代金などにも便利に使えて貯めやすいdポイントですが、使用期限や使える場所など注意したいポイントがあります。

事前にしっかりチェックして無駄なく賢く利用したいものですね!

参照元:dポイントカード|d POINT CLUB|公式サイト