残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

払い戻しOK?Luecaってどんなカード?〜チャージ方法と残高照会方法〜




払い戻しOK?Luecaってどんなカード?〜チャージ方法と残高照会方法〜

1.Luecaカードはどこで購入できるの?
2.チャージ方法と残高照会方法は?
3.使い勝手が良いとは言えませんが…
4.チャージ残高は払い戻しができる?
5.まとめ

「Lueca(ルエカ)」はゲームの販売で有名な「GEOグループ」が発行しているICプリペイドカードです。

Luecaカードの使い方、残高照会方法をチェックしてみましょう!

1.Luecaカードはどこで購入できるの?

「Lueca」は他のICプレイペイドカードやIC乗車券とよく似た同様のサイズのカードで、使い方も同じく、チャージを繰り返して利用することができます。

このカードは店頭にLuecaステッカーの表示のあるGEOの各店舗で発行を行っています。特に購入というシステムではなく、無料で発行してもらえます。ネットでの発行の受付は行っていません。

名前や住所の登録が必要です!

Luecaは1枚1枚にそれなりに発行コストの掛かるICカードになので、そう無駄に発行できません。同様のカードでは、そのカード自体の保証料(デポジット)を徴収していることも多く、それによって使い捨てを防止しています。

Luecaにはそのような保証料の類はありませんが、名前や住所を登録して発行するシステムなので、無駄な発行や使い捨てがないように配慮されています。

GEO系列のお店の店頭、またはネットで利用します!

Luecaが利用できるのは、Luecaステッカーの表示のあるGEO系列の各店舗、またはGEOの提供する一部のオンラインサービスです。

利用できない商品があります!

GEOにはゲーム関係だけでなく、ブランド品や貴金属なども扱っている店舗がありますが、商品によってはLuecaのチャージ残高は利用できません。店頭にLuecaのステッカーの表示があっても、このように商品によっては利用できないことがあるのです。

GEOオンラインとGEOカードでは利用できません!

GEOにはネットでCDやDVDのレンタルを行っているGEOオンラインと、ゲームなどの販売を行っているGEOマートという2つのWEBサイトがありますが、これらでLuecaを使うことはできません。

そういった理由から、Luecaは主にGEO系列の店頭で利用するプリペイドカードとなっています。




2.チャージ方法と残高照会方法は?

Luecaへのチャージは、利用が可能な店舗の店頭でこのカードを提示し、直接その旨を店員さんまで伝えて行ってください。これ以外のチャージ方法は現在ではありません。

チャージは1,000円単位で、一度で最高40,000円までです。このチャージは現金のみとなっています。

チャージ残高の上限は?

Luecaにチャージできる残高の上限は50,000円です。チャージはこれを超えない範囲で行ってください。満タンまでのチャージという方法は用意されていないので、49,001円以上の残高のあるカードにはチャージは行えません。

店頭で確認できますが…

手持ちのLuecaのチャージ残高は、Luecaが利用できる店頭で確認することができます。機械に挿入して画面に表示されるような確認方法ではなく、利用やチャージを行う場合と同様に、店頭で店員さんにカードを渡して行わなくてはいけません。

WEBからの確認がおすすめです!

Luecaには、専用サイトからそのカードのチャージ残高を確認できるサービスがあります。この残高照会はとても簡単で、そのカードの「カード番号」と「PINコード」の2つを入力するだけで、画面に現在のチャージ残高が表示されます。

カード番号はLuecaカードの裏面の左下に書かれている16桁の番号で、PINコードはその右にある6桁の番号です。

暗証番号というものがありません!

これはLuecaの欠点とも言える点で、Luecaカードにはカードごとの暗証番号という設定がありません。よって、もし落としてしまった時には簡単に勝手に使われてしまう可能性があります。

最大で50,000円までチャージしておくことができるだけに、カードの扱いには注意が必要です。勝手に誰かに使われてしまった場合の保障は一切ありません。




3.使い勝手が良いとは言えませんが…

「Lueca」はご説明したように、GEO系列の各店舗や一部のオンラインサービスでチャージ残高を現金の代わりに利用できるカードです。

しかし、利用できない商品があったり、GEOオンラインとGEOマートでは利用できないなど、使い勝手に些か問題がある点は否めません。

それなら無理にこのカードを利用せず、現金のままの方が良いと思ってしまったも仕方ありませんが、Luecaには買取の際にボーナスがもらえるというメリットがあります。これをもらう為に利用するカードだと言っても過言ではありません。

もらえるボーナスとは?

現在Luecaに適用されているボーナスは、GEOに何かを買取に出した時の買取代金をこのカードへのチャージで受け取ると、一律で10%アップするというサービス内容です。

例えば3,000円の査定価格だった場合、それを現金で受け取らずにLuecaへのチャージとして受け取ると、10%アップした3,300円分がチャージされるということです。

これは、GEOを売買共によく利用している人にはとても嬉しいサービスだと言っていいでしょう。

かつてはチャージでもボーナスが付きましたが…

以前は現金でのチャージ時に、その金額の1~5%のボーナスが付いた時期もありましたが、現在ではこのサービスは無くなっています。

Luecaカードは2016年の2月からサービスを開始したカードで、それから約1年間はこのサービスを提供していました。ちまり、登場したばかりの時期限定の(普及促進の為の)サービスだったと考えてください。




4.チャージ残高は払い戻しができる?

Luecaにチャージされた残高は、どうしてもという場合に限り、所定の手続きを踏むと現金で払い戻してもらうことができます。

ここは他のプリペイド式のICカードとは大きく違う点で、チャージが直接現金、もしくは買取金額の受取のみだという点が大きく影響していると言えるでしょう。

他のICカードでは、クレジットカードからでもチャージできるということが多くなっています。その為、チャージ残高を現金で払い戻せてしまうと、その行為自体がクレジットカードの現金化に繋がってしまいます。よって、払い戻しは行えないことがほとんどなのです。

手数料が差し引かれます!

チャージ残高の払い戻しの際には、そのLuecaカードを発行元のゲオペイメントサービスまで送付する必要があります。また、これを行う際には必ずその前に同社のプリカ事務局まで電話で連絡してください。

それにより、カードの所有権と引き換えに、所定の手数料を差し引いた分のチャージ残高を銀行振込で受け取ることができます。

”どうしても”の場合に限られています!

最初に書きましたが、Luecaのチャージ残高を払い戻せるのは、どうしてもの場合だけです。この場合を適用するには、GEOをもう使う気がない、店舗のない場所に引っ越すことになってしまったなどの確かな理由が必要です。

無理にそのような理由を作って払い戻しを行うと、その後の各GEOの利用に支障が出てしまう可能性があるので、そのような行為はやめておきましょう。(※名前、住所などで分かってしまいます。)

使えなくなったしまった時には?

Luecaカードが物理的に破損してしまい、利用できなくなってしまった時には、Luecaカードの取扱いのある店舗を通して新しいカードに残高をそのまま移行して再発行してもらうことができます。

ただし、即日対応ではなく、1週間程度の時間が掛かります。カードを完全に紛失してしまった場合には一切再発行は行えないので注意してください。

5.まとめ

LuecaはGEO系列の各店舗、または一部のオンラインサービスで利用できるプリペイド式のICカードです。

利用できる範囲が狭いのが難点だと言えますが、買取の利用にその査定価格が10%アップするという最大のメリットを多いに活用してください!

参照元:GEOプリペイドカード-Lueca(ルエカ)-|公式サイト