残高確認.com

[電子マネー・ポイント残高の確認方法をチェック!]

稚内信金はどんな信用金庫?カードローンとネットバンキング対応で便利って本当?




稚内信金はどんな信用金庫?カードローンとネットバンキング対応で便利って本当?

1.稚内市内の約80%の預金を占有しています!
2.稚内信金はネットバンキングも充実!
3.稚内信金カードローンの使い方
4.稚内信金は旭川市、札幌市にも支店がある!
5.まとめ

稚内信金」はその名称の通り、北海道の稚内市に本店を抱える信用金庫です。

場所柄、日本最北の信用金庫であり、同市内の預金の大半を占有している金融機関となっています!

1.稚内市内の約80%の預金を占有しています!

稚内信金が本店を構えている稚内市は、人口が約3万4千人。存在する金融機関は稚内信金と北洋銀行、北海道銀行、そして、ゆうちょ銀行だけです。

この中で、複数店舗が存在するのは稚内信金とゆうちょ銀行(郵便局)だけなので、それほど金融機関が多いとは言えない同市内において、約80%の預金を占有していると言われています。

そもそも信用金庫って?銀行とは違うの?

信用金庫とは、銀行に適用される銀行法とは別の信用金庫法によって運営される金融機関です。

銀行との最大に違いは、銀行が株式会社の形態で運営されているのに対し、信用金庫は個人、または法人の出資によって運営されているという点です。(※この出資者に対しては、業績に応じた配当が支払われます。)

基本的に非営利組織です!

信用金庫は基本的に非営利組織の形態をとっており、個人が利用する場合には全国どこの信用金庫にでも口座を開設することができますが、法人の場合には一番近い信用金庫を利用するというルールがあります。(※更に、その信用金庫の営業地域内だという条件も付きます。)

また、信用金庫から融資を受ける場合には、企業だけでなく、個人であっても一番近い信用金庫を利用しなくてはいけません。(※この場合にも、営業地域の条件が付きます。)

つまり、信用金庫は銀行より、その地域に密着した金融機関だという訳ですね!

預金口座は銀行とほぼ同様の扱いです

信用金庫に開設した預金口座は、銀行の預金口座とほぼ同様に利用できます。口座は公共料金などの自動引き落としに指定することもできますし、口座に対応したキャッシュカードの発行もあります。

稚内信金の口座も、給与の振込や各種の引き落としに利用できるのはもちろん、キャッシュカードの発行も行っており、同市内の人や企業に多く利用されています。




2.稚内信金はネットバンキングも充実!

稚内信金はネットバンキング機能にも力を入れており、残高照会や入出金明細の確認、同信用金庫や他の信用金庫、銀行への振込もここから行うことができます。

PCからだけでなく、スマホからでも便利に利用できるように工夫されています。

法人用のネットバンキングも用意されています!

稚内信金のネットバンキングは、個人向けのサービスと法人向けにシステムこと分かれており、主に利用可能な時間帯に違いがあります。個人向けの方は21時までの利用となっていますが、法人向けはそれ以降も利用が可能です。

無料で利用できますが…

稚内信金に口座を開設していれば、このネットバンキングは無料で利用することができます。ただし、利用の為には同信用金庫の本店や支店まで出向いて申込みを行わないといけません。

稚内信金に口座開設の申込み後、1週間程度でネットバンキングの利用に必要な情報が記載された書類が口座を開設した時に記入した住所まで届きます。利用できるのはその後からです。

ネットから簡単に利用登録!という訳にはいかないので注意してください。

振込にはワンタイムパスワードカードが必要です!

ネットバンキングから振込を行うには、ワンタイムパスワードカードが必要になります。それ以外の残高照会や入出金明細の確認だけでネットバンキングを利用している場合、これは特に必要になりません。

ネットバンキングを利用するのに、必ずこのワンタイムパスワードカードが必要だという訳ではありません。

カード型とソフト型があります!◉

稚内信金のワンタイムパスワードカードには、PCからネットバンキングを利用する場合に必要になるカード型と、スマホから利用する場合のソフト版があります。

カード型はハートウェアトークンと呼ばれ、稚内信金の本店か支店の窓口で販売しています。(※1枚972円です。紛失時には新たに購入してください。)

ソフト型はスマホ用のアプリになるので、PC版で利用することはできません。稚内信金のネットバンキングをスマホで利用する場合、PC版とは別のスマホ向けの画面が用意されています。

スマホ用の画面は、タップでの操作がしやすいように工夫されているのが特徴です。

アプリ版の提供は行っていません!

銀行や信用金庫のネットバンキングでは、スマホ版として専用のアプリが提供されていることがありますが、稚内信金では現在、公式アプリの提供は行っていません。スマホからネットブラウザを通して利用します。

スマホ版ではワンタイムパスワードカードのみ、専用のアプリで提供されます。振込での利用時にはこのアプリを利用して、その都度必要になるパスワードを発行してください。




3.稚内信金カードローンの使い方

稚内信金では銀行のように、個人向けのカードローンの提供を行っています。

ですが、利用の為の条件として、この信用金庫の口座を給与の振込先に利用している、公共料金の自動引き落としに利用している、しんきんカード(クレジットカード)の料金の引き落としに利用しているなどの条件があり、銀行カードローンのように誰でも簡単に利用できる訳ではありません。

稚内市内に居住している必要もあり、利用の為のハードルはちょっと高いと言わざるを得ませんが、日頃から稚内信金をメインの金融機関として利用している人なら、問題なく利用できることも多いです。

随時返済なのが特徴です!

稚内信金のカードローンはいわゆる約定返済ではなく、随時返済なのが特徴です。この随時返済とは文字通り、好きなタイミングで返済が行えるという意味で、一般的なカードローンとは違って、毎月の返済日というものはありません。

非営利組織ならではの仕組みとは?

信用金庫という存在自体が銀行とは違い、非営利組織という点から、カードローンもこのような仕組みになっています。

利用者がかなり限られてしまい、もちろん金利も発生しますが、毎月決まった日ではなく、自分の都合の良い時に返済できるのが一番の魅力だと言っていいでしょう。




4.稚内信金は旭川市、札幌市にも支店がある!

ここまでの内容から、稚内信金は本店の存在する稚内市内の人や企業の為の信用金庫だということが分かりますが、同じ北海道内の旭川市や札幌市にも支店があります!

また、全国のイオン銀行やセブン銀行のATMでもキャッシュカードを利用することができるので、稚内市内の各支店、またはネットバンキング以外でも、口座からの引き出しや残高照会に困ることはないでしょう。

もちろん全国の他の信用金庫のATMも利用できます。このしんきんATMでは、”しんきんゼロネットサービス”という入出金の際の手数料が無料のサービスが適用される為、全国どこのATMでもこれらの手数料を掛けずに利用可能です!

ゆうちょ銀行のATMにも対応!

最近では、ゆうちょ銀行の各ATMも利用できるようになったので、ますます稚内信金のキャッシュカードは利便性が高まりました。

スマホからでも利用できるネットバンキング機能や、随時返済が可能なカードローンの提供なども相まって、特に利便性の高い稚内市内の預金の約80%を占有しているという話も納得できるというものですね!

5.まとめ

稚内信金は稚内市内で一番の規模を誇る金融機関です!

全国のイオン銀行やセブン銀行、ゆうちょ銀行のATMが利用可能ですし、ネットバンキング機能も充実しているので、同市内以外でも預入れや引き出し、残高照会に困ることはありません!

北海道にいるなら、一度は稚内信金について勉強しておくと良いかも知れませんね!

参照元:稚内しんきん|公式ホームページ